○名古屋大学文学部規程

(平成16年4月1日規程第116号)
改正
平成19年2月7日規程第75号
平成20年1月23日規程第70号
平成21年2月18日規程第52号
平成23年2月16日規程第62号
平成23年12月7日規程第73号
平成26年2月14日規程第103号

目次

第1章 通則(第1条)
第2章 教育課程及び授業(第2条-第9条)
第3章 成績評価及び卒業(第10条-第13条)
第4章 転学部,転専攻及び編入学(第14条-第17条)
第5章 特別聴講学生,科目等履修生,聴講生及び研究生(第18条-第23条)
附則

第1章 通則

(趣旨)
第1条 名古屋大学文学部(以下「本学部」という。)における目的,教育課程,授業,成績評価等(以下「本学部の教育」という。)については,名古屋大学通則(平成16年度通則第1号)及び名古屋大学全学教育科目規程(平成16年度規程第115号)に定めるもののほか,この規程の定めるところによる。
2 この規程に定めるもののほか,本学部の教育に関し必要な事項は,教授会が定める。

第2章 教育課程及び授業

(目的)
第2条 本学部は,教育基本法の精神にのっとり,学術文化の中心として広く知識を授け,人文学の各分野にわたり,深く,かつ総合的に研究するとともに,完全なる人格の育成と文化の創造を期し,民主的,文化的な国家及び社会の形成を通じて,世界の平和と人類の福祉に寄与することを目的とする。
(専攻課程及びプログラム)
第3条 本学部の人文学科に置く履修上のコース及び専攻課程は,次のとおりとする。
コース 専攻課程
哲学・文明論 哲学(哲学,西洋古典学),東洋学(中国哲学,中国文学,インド文化学)
歴史学・文化史学 日本史学,東洋史学,西洋史学,美術史学・考古学(美学美術史学,考古学)
文学・言語学 日本文学・日本語学(日本文学,日本語学),言語学,西洋文学・西洋語学(英米文学,フランス文学,ドイツ文学,英語学)
環境・行動学 社会学,心理学,地理学
2 前項に定めるもののほか,人文学科に国際プログラム群に係る「アジアの中の日本文化」プログラムを置く。
3 学生(「アジアの中の日本文化」プログラムを履修する学生を除く。)は,第2年次の初めに専攻課程の一つに所属しなければならない。
4 志望専攻届の提出時期等については,別に定める。
(進級の取扱い)
第4条 第2年次の学生の第3年次への進級については,進級判定を行う。
2 進級に必要な単位数は,専攻課程に所属する学生にあっては別表第1の,「アジアの中の日本文化」プログラムを履修する学生にあっては別表第2のとおりとする。
3 進級判定の結果,所定の単位数の未取得者は,第2年次に留年するものとする。
4 第2年次に留年できる年数は,入学時から通算して6年までとする。
5 第3年次への進級に必要な単位数の未取得者のうち,言語文化2単位以下の不足者に限り仮進級を認める。
(授業科目)
第5条 授業科目は,必修科目,選択必修科目及び選択科目とする。
(必修科目,選択必修科目及び選択科目)
第6条 すべてのコースにおける専攻課程に共通の必修科目,選択必修科目及びその単位数は,別表第3のとおりとする。
2 各コースにおける専攻課程の必修科目,選択必修科目,選択科目及びその単位数は,別表第4のとおりとする。
3 「アジアの中の日本文化」プログラムにおける必修科目,選択必修科目,選択科目及びその単位数は別表第5の,並びに当該プログラムにおける専門科目は別表第6のとおりとする。
4 すべてのコースにおける専攻課程及び「アジアの中の日本文化」プログラムに共通の選択科目は,別表第7のとおりとする。
5 学生は,他の学部に属する授業科目を選択科目として履修することができる。
6 学生は,毎学期の初めに,履修しようとする授業科目を学部長に届け出なければならない。
(単位数の計算の基準)
第7条 授業科目の単位数の計算は,次のとおりとする。
一 講義及び演習は,15時間の講義又は演習をもって1単位とする。
二 実験,実習及び実技は,30時間の実験,実習又は実技をもって1単位とする。
(他の大学の授業科目の履修)
第8条 学生が入学前又は入学後に他の大学において修得した単位は,30単位を超えない範囲で,教授会の議を経て,卒業の要件となる単位として認定することができる。
(留学)
第9条 前条の規定は,学生が留学する場合に準用する。

第3章 成績評価及び卒業

(試験)
第10条 成績評価は,科目試験及び論文試験により行う。
2 科目試験は,授業科目の修了を証するために行い,成績は,S,A,B,C及びFとし,S,A,B及びCを合格として単位を与える。
3 論文試験は,第4年次の終わりに行う。
4 論文試験に合格した学生には,10単位を与える。
(試験の方法及び期日)
第11条 試験を行う方法及び期日については,あらかじめ公示する。
(追試験)
第12条 病気その他やむを得ない事由により,科目試験を受けなかった学生が,その試験に合格することによって,第3年次への進級資格又は卒業資格が得られる場合に限り,教授会の議を経て,追試験を行うことができる。ただし,全学教育科目については,名古屋大学全学教育科目規程の定めるところによる。
(卒業資格)
第13条 本学部を卒業するためには,専攻課程に所属する学生にあっては別表第3,別表第4及び別表第7に,「アジアの中の日本文化」プログラムを履修する学生にあっては別表第5,別表第6及び別表第7に従って各授業科目を履修し,必修科目,選択必修科目,選択科目及び卒業論文を併せて,132単位以上を修得しなければならない。

第4章 転学部,転専攻及び編入学

(転学部)
第14条 他の学部から本学部へ転学部を志望する者は,理由を付して学部長に願い出なければならない。
2 願い出の時期は,II期末(1月)又はIV期末(1月)とする。
第15条 他の学部に転学部を志望する者は,理由を付して学部長に願い出なければならない。
(転専攻)
第16条 他の専攻に転専攻を志望する者は,毎学期末に理由を付して学部長に願い出なければならない。
(編入学)
第17条 第3年次に編入学した者の修業年限は2年とし,在学年限は4年とする。
2 前項の編入学者の休学期間は,通算して2年を超えることができない。
3 既修得単位の取扱いについては,教授会が定める。

第5章 特別聴講学生,科目等履修生,聴講生及び研究生

(特別聴講学生の入学)
第18条 特別聴講学生の入学は,教授会において選考の上,学部長が許可する。
(科目等履修生の入学)
第19条 科目等履修生の入学は,教授会において選考の上,学部長が許可する。
(聴講生の入学)
第20条 聴講生の入学は,教授会において選考の上,学部長が許可する。
(研究生の定員)
第21条 研究生の定員は,30名とする。
(研究生の入学資格)
第22条 研究生の入学資格は,次のとおりとする。
一 大学の文学部又はこれに相当する学部を卒業した者
二 教授会において,前号と同等以上の学力があると認めた者
2 研究生の入学は,教授会において選考の上,学部長が許可する。
(研究生の在学期間)
第23条 研究生の在学期間は,1年とする。ただし,学期の途中において入学した場合における在学期間は,翌学期の末日までとする。
2 在学期間が満了しても研究のため,なお引き続き在学しようとする者があるときは,学部長の許可を得て在学期間を延長することができる。
3 前項の場合,学部長は,教授会の議を経て許可する。
附 則
この規程は,平成16年4月1日から施行する。ただし,平成15年度以前に入学した者については,この規程の施行前の名古屋大学文学部規程を適用する。
附 則(平成19年2月7日規程第75号)
この規程は,平成19年4月1日から施行する。ただし,平成18年度以前に入学した者については,なお従前の例による。
附 則(平成20年1月23日規程第70号)
この規程は,平成20年4月1日から施行する。
附 則(平成21年2月18日規程第52号)
この規程は,平成21年4月1日から施行する。ただし,平成20年度以前に入学した者については,なお従前の例による。
附 則(平成23年2月16日規程第62号)
この規程は,平成23年4月1日から施行する。ただし,平成22年度以前に入学した者については,なお従前の例による。
附 則(平成23年12月7日規程第73号)
この規程は,平成24年4月1日から施行する。ただし,平成23年度以前に入学した者については,なお従前の例による。
附 則(平成26年2月14日規程第103号)
1 この規程は,平成26年10月1日から施行する。ただし,この規程による改正後の第6条第1項及び第2項並びに第13条(「専攻課程に所属する学生にあっては別表第3,別表第4及び別表第7に」に改める部分に限る。),別表第1,別表第3(「,別表第6」に改める部分を除く。),別表第4及び別表第7(「及び「アジアの中の日本文化」プログラム」を加える部分を除く。)の規定は,平成26年4月1日から施行する。
2 前項ただし書の規定により平成26年4月1日から施行される改正後の規定は,平成26年度以降に入学する者について適用し,平成25年度以前に入学した者については,なお従前の例による。
別表第1(第4条第2項関係)
専攻課程所属学生の第3年次への進級に必要な単位数
 専門基礎科目 2単位
  人文学講義 2単位
 全学基礎科目 計26単位
  基礎セミナー 4単位
   基礎セミナーA 2単位
   基礎セミナーB 2単位
  言語文化 18単位
   英語 8単位
   英語以外の外国語 10単位
   日本語(留学生のみ) (10)単位
  健康・スポーツ科学 4単位
   講義 2単位
   実習 2単位
 「文系基礎科目」,「理系基礎科目」から 10単位
 「文系教養科目」,「理系教養科目」,「全学教養科目」から 6単位
別表第2(第4条第2項関係)
「アジアの中の日本文化」プログラム履修学生の第3年次への進級に必要な単位数
 全学基礎科目 計26単位
  基礎セミナー 4単位
   基礎セミナーA 2単位
   基礎セミナーB 2単位
  言語文化 18単位
   英語,ドイツ語,フランス語,ロシア語,中国語,スペイン語,朝鮮・韓国語及び日本語(言語文化科目の履修要件に関して必要な事項は,別に定める。)  
  健康・スポーツ科学 4単位
   講義 2単位
   実習 2単位
  「文系基礎科目」及び「理系基礎科目」から 10単位
  「文系教養科目」,「理系教養科目」及び「全学教養科目」から 6単位
別表第3(第6条第1項及び第13条関係)
すべてのコースにおける専攻課程に共通の必修科目,選択必修科目及び単位数
 全学基礎科目 計26単位
  基礎セミナー 4単位
   基礎セミナーA 2単位
   基礎セミナーB 2単位
  言語文化 18単位
   英語 8単位
   英語以外の外国語 10単位
   日本語(留学生のみ) (10)単位
  健康・スポーツ科学 4単位
   講義 2単位
   実習 2単位
 文系基礎科目 8単位
 理系基礎科目 4単位
 文系教養科目 4単位
 理系教養科目 4単位
 全学教養科目 2単位
 専門基礎科目 2単位
  人文学講義 2単位
 専門科目 計82単位
  必修・選択必修科目 32単位
  選択科目 40単位
  卒業論文 10単位
   各専攻課程の専門科目として開講する科目は,別表第4のとおりとする。このほか,選択科目として履修できる科目は,別表第4,別表第6及び別表第7に定める科目とする。
別表第4(第6条第2項及び第13条関係)
各コースにおける専攻課程の必修科目,選択必修科目,選択科目及び単位数
 哲学・文明論コース
  哲学専攻
   哲学
    哲学概論 4単位
    倫理学概論
    西洋哲学史概説 6単位
    哲学特殊研究 8単位
    西洋哲学史特殊研究
    科学哲学特殊研究
    哲学演習 10単位
    西洋哲学史演習
    科学哲学演習
    西洋古典学演習
    ギリシア語 4単位
    ラテン語
   西洋古典学
    西洋古典学概論 4単位
    西洋古典文学史概説 4単位
    西洋哲学史概説
    西洋古典学特殊研究 8単位
    西洋哲学史特殊研究
    西洋古典学演習 12単位
    西洋哲学史演習
    ギリシア語 4単位
    ラテン語
  東洋学専攻
   中国哲学
    中国哲学史概論 4単位
    中国哲学史特殊研究 12単位
    中国哲学史演習 10単位
    中国語 2単位
    中国文学概論 4単位
    中国文学特殊研究
    中国文学演習
    インド文化学概論
    インド文化学特殊研究
    インド文化学演習
   中国文学
    中国文学概論 4単位
    中国文学特殊研究 12単位
    中国文学演習 10単位
    中国語 2単位
    中国哲学史概論 4単位
    中国哲学史特殊研究
    中国哲学史演習
    インド文化学概論
    インド文化学特殊研究
    インド文化学演習
   インド文化学
    インド文化学概論 4単位
    インド文化学特殊研究 10単位
    インド文化学演習 10単位
    サンスクリット語 4単位
    中国哲学史概論 4単位
    中国哲学史特殊研究
    中国哲学史演習
    中国文学概論
    中国文学特殊研究
    中国文学演習
 歴史学・文化史学コース
  日本史学専攻
    日本史学史 8単位
    日本史史料学
    日本史概論
    日本史学特殊研究 6単位
    日本史学演習 14単位
    文化資源学 4単位
    ※日本史博物館実習1 1単位
    ※日本史博物館実習2 1単位
  東洋史学専攻
    東洋史学史 8単位
    東洋史史料学
    東洋史概論
    中国史特殊研究 10単位
    東南アジア史特殊研究
    西南アジア史特殊研究
    中国史演習 12単位
    東南アジア史演習
    中国語 2単位
  西洋史学専攻
    西洋史学史 8単位
    西洋史史料学
    西洋史概論
    西洋史特殊研究 8単位
    西洋史講読 8単位
    西洋史演習 8単位
  美術史学・考古学専攻
   美学美術史学
    美術史概説 4単位
    美学概説
    美術史特殊研究 12単位
    美術史講読 8単位
    美術史演習 6単位
    美術史実習1A  
    美術史実習1B 2単位
    美術史実習2A
    美術史実習2B  
   考古学
    考古学概論 4単位
    考古学概説 4単位
    考古学特殊研究 6単位
    考古学講読 4単位
    考古学演習 4単位
    考古学実習 8単位
    文化資源学 2単位
    ※考古博物館実習1A  
    ※考古博物館実習1B 3単位
    ※考古博物館実習2A
    ※考古博物館実習2B  
 文学・言語学コース
  日本文学・日本語学専攻
   日本文学
    日本文学講義 12単位
    日本語学講義 4単位
    日本文学演習 12単位
    日本語学演習 4単位
   日本語学
    日本語学講義 12単位
    日本文学講義 4単位
    日本語学演習 12単位
    日本文学演習 4単位
  言語学専攻
    言語学概論 4単位
    言語学特殊研究 12単位
    言語学講読 14単位
    言語学演習
    ギリシア語 2単位
    ラテン語
    サンスクリット語
    イタリア語
    スペイン語
    ロシア語
    中国語
    朝鮮・韓国語
  西洋文学・西洋語学専攻
   英米文学
    英米文学講義 16単位
    英米文学演習 16単位
   フランス文学
    フランス文学講義 16単位
    フランス語学講義
    フランス文学演習 16単位
    フランス語学演習
   ドイツ文学
    ドイツ文学講義 16単位
    ドイツ語学講義
    ドイツ文学演習 16単位
    ドイツ語学演習
   英語学
    英語学講義 16単位
    英語学演習 16単位
 環境・行動学コース
  社会学専攻
    社会学概論 4単位
    社会学特殊研究 10単位
    社会学講読 6単位
    社会学演習 10単位
    社会学実習 2単位
  心理学専攻
    心理学概論 2単位
    心理学特殊研究 12単位
    心理学講読 4単位
    心理学演習 14単位
  地理学専攻
    地理学概論 4単位
    地理学特殊研究 12単位
    地理学講読 4単位
    地理学演習 8単位
    地理学実習 4単位
(注) ※を付した科目は,選択科目である。
別表第5(第6条第3項及び第13条関係)
「アジアの中の日本文化」プログラムにおける必修科目,選択必修科目,選択科目及びその単位数
 全学基礎科目 計26単位
  基礎セミナー 4単位
   基礎セミナーA 2単位
   基礎セミナーB 2単位
  言語文化 18単位
   英語,ドイツ語,フランス語,ロシア語,中国語,スペイン語,朝鮮・韓国語及び日本語(言語文化科目の履修要件に関して必要な事項は,別に定める。)  
  健康・スポーツ科学 4単位
   講義 2単位
   実習 2単位
 文系基礎科目 8単位
 理系基礎科目 4単位
 文系教養科目 4単位
 理系教養科目 4単位
 全学教養科目 2単位
 専門科目 計84単位
  選択必修科目 32単位
   A群 2単位
   B群 8単位
   C群 4単位
   D群 4単位
   E群 4単位
   F群 6単位
   G群 4単位
  選択科目 42単位
  卒業論文 10単位
   「アジアの中の日本文化」プログラムの専門科目として開講する科目は,別表第6のとおりとする。このほか,選択科目として履修できる科目は,別表第4,別表第6及び別表第7に定める科目とする。
別表第6(第6条第3項及び第13条関係)
「アジアの中の日本文化」プログラムにおける専門科目
  A群 日本文化とコミュニケーションⅠ
    日本文化とコミュニケーションⅡ
  B群 日本文学入門
    文化理論入門
    映画史入門
    アジア映画文化入門
    日本史入門
    東アジア史入門
  C群 社会的行為と言語Ⅰ
    社会的行為と言語Ⅱ
    思想史
    日本語概論
  D群 文化史研究方法論:入門編Ⅰ
    文化史研究方法論:入門編Ⅱ
    論文作成法:入門編Ⅰ
    論文作成法:入門編Ⅱ
  E群 合同演習:アジアの中の日本文化Ⅰ
    合同演習:アジアの中の日本文化Ⅱ
    合同演習:アジアの中の日本文化Ⅲ
    合同演習:アジアの中の日本文化Ⅳ
  F群 文学テクスト分析
    日本近代文学史
    文学とアジア
    トランスナショナル日本文学
    映像テクスト分析
    1945年以前のアジア映画史
    1945年以後のアジア映画史
    1945年以前の日本映画史
    1945年以後の日本映画史
    日本近代史
    日本文化とアジア
    視覚文化テクスト分析
    視覚文化史
  G群 日本のマイノリティ文学
    日本文学とジェンダー
    日本近代文学への新視点
    文学理論Ⅰ
    文学理論Ⅱ
    古典映画理論
    現代映画理論
    映像文化への新視点
    世界史の中の東アジア
    日本近代史への新視点
別表第7(第6条第4項及び第13条関係)
すべてのコースにおける専攻課程及び「アジアの中の日本文化」プログラムに共通の選択科目
ラテン語
ギリシア語
サンスクリット語
パーリ語
イタリア語
書道
博物館概論
博物館経営論
博物館資料論
  博物館資料保存論
  博物館展示論
  博物館教育論
  博物館情報・メディア論
  生涯学習概論
  一般博物館実習
日本精神史
文化人類学
宗教人類学
比較文化演習
日本文化学講義
日本文化学演習
情報学演習
電子テクスト学
テクストと文化
社会言語学
  文化資源学

前へ
次へ