h2_title005.png

【学部】成績評価、GPA、履修取り下げ制度等

成績の評定は、S・A・B・C・Fとし、S・A・B・Cが合格、Fは不合格です。

Sは100点満点の90~100点、Aは80~89点、Bは70~79点、Cは60~69点、Fは59点以下に対応します。

不合格の場合、単位は認定されません。

試験の方法および成績の評価基準は、各授業のシラバスに明記されています。

名古屋大学では、学生の皆さんが自らの学修状況に対する意識を高め、より自発的に学習に取り組むための一助となるよう、GPA(Grade Point Average)制度を導入しています。

GPAは以下の計算式によって算出されます。

GPA_2014.jpg

試験を欠席した授業科目はGPAに算入されません。ただし、履修取り下げ制度を利用している授業科目では、試験を欠席した場合、履修取り下げ届を提出していないと、「欠席」ではなく「不合格」の扱いになる場合があります。履修取り下げ制度を利用している授業科目の履修を取りやめる場合は、所定の期限までに、文系教務課の窓口に履修取り下げ届を提出してください。

随意科目等、卒業要件に関わらない授業科目についてはGPAに算入されません。

学期毎に、当該学期の「学期GPA」と「累積GPA」が成績表に記載されます。

学期GPAは、当該学期の取得単位数及びF科目を対象としたもの、累積GPAは入学時から当該学期までの取得単位数及びF科目の累計を対象としたものです。

前へ
次へ