シンポジウム「日本の文化遺産としての絵物語」

仏題:

L'héritage culturel des ouvrages illustrés japonais des époques Muromachi et Edo (16 -17e siècles)


プログラム:

【10月2日】

 ●石川透(慶應義塾大学)

  「異類の登場する奈良絵本・絵巻」

 ●ミュラール・デルフィーヌ(慶應義塾大学)

  「奈良絵本・絵巻の制作、写本と版本の関係―『文正草子』を中心として」

 ●伊藤信博(名古屋大学)

  「百鬼夜行絵巻と是害坊絵巻」


【10月3日】

 ●高橋亨(椙山女学園大学)

  「物語絵の〈雅〉〈俗〉と十七世紀の和文古典学」

 ●龍澤彩(金城学院大学)

  「源氏絵の系譜―描き継がれた『源氏物語』」

 ●末松美咲(名古屋大学)

  「稚児物語の展開―お伽草子『硯わり』『花みつ月みつ』を中心として―」

 ●阿部泰郎(名古屋大学)

  「天地を結ぶ恋の絵ものがたり―『天稚彦』絵巻の伝承とイメージ―」

 ○コメンテーター: 小林健二(国文学研究資料館)


2015100203・ポスター.jpg


日時:2015年10月2日(金)・3日(土)

場所:ストラスブール大学

前へ
次へ