公開研究集会「法楽の宗教空間」

・プログラム

【11月5日 13:00~17:30】

シンポジウム「法楽和歌を考える」

●山本章博(大正大学文学部准教授)

「『慈鎮和尚自歌合』の世界」

●西山美香(花園大学非常勤講師)

「将軍と法楽和歌」

●平田英夫(藤女子大学文学部教授)

「『法楽和歌』とその周辺 西行の役割をめぐって」

○コメンテーター

深津睦夫(皇學館大学文学部教授)

ジャン・ノエル・ロベール(コレージュ・ド・フランス教授)

○コーディネーター

石川一(奈良大学文学部教授)

【11月6日 10:00~15:00】

公開セミナー「北野天満宮の宗教空間―北野天神に関わる新事・説話テクストの綜合的検討―」

●佐々木創(京都造形大学非常勤講師)

「伏見宮家の『聖廟法楽和歌』~『両聖記』の祖本の成立と伝来~」

●菅野扶美(共立女子大学教授)

「北野社神事『御手水』の次第にみる天神の詩歌」

ランチ・ミーティング

全体ディスカッション

・会場:名古屋大学文学部棟1F大会議室

※入場無料、申し込み不要です。ご自由にご参加ください。

2016110506.jpg
前へ
次へ