国際シンポジウム「文化遺産としての朝鮮通信使」

プログラム:

●「近世日本文化としての朝鮮通信使」

ロナルド・トビ(イリノイ大学名誉教授)

●「異国情報のメディアとしての朝鮮通信使文学」

朴賛基(木浦大学教授)

司会 池内敏(名古屋大学教授)

報告「訳官使の接待空間」

日時:2015年10月31日(土)13:30~17:30

場所:名古屋大学文系総合館7階カンファレンスホール

※入場無料、申込不要です。ご自由にご参加ください。

20151031.jpg

前へ
次へ