h2_title001.png

文学部

知識の世界への扉を開く

「文学部」とはどんな学問を学ぶところでしょうか?

文学部には、哲学・歴史学・文学という長い学問的伝統をもった分野があります。私たちの前には、過去の人類が創り上げ、そして受け継いできた知識や思想があります。あるいは過去の人々が実践してきた行為の全体、すなわち歴史もあります。それらは文献や文化遺産、あるいは出土遺物という形で、過去から私たちが受けとり、いま私たちの手にあります。それらは巨大な知の集積体です。現代を生きる私たちの知性と感性でそれらを解きほぐし、人間とはどのような存在か、という本質的なテーマを探究していくことに、私たち文学部の学問の目標があります。また、現代において活動している人々の行動とその心理、私たちを取りまく自然や環境について、実地調査にもとづいて、あるいは理論的に考察していく社会学・心理学・地理学という学問もあります。

 私たち文学部のスタッフは、それぞれが人文学の知識の世界に魅了され、独自の方法で研究を行い、その成果と学問のおもしろさを伝えることに、全力でがんばっています。私たちの社会が根本的に変化しつつあることは、皆さんも実感していることだと思います。歴史的変化のまっただ中にある皆さんが、私たちとともに、文学部の多様な学問世界に入りこみ、その柔らかな頭脳で人間の本質を探究してみてください。

前へ
次へ