h2_title009.png

証明書の発行

各種証明書の発行について

卒業・修了生等の方については、下記要領にて各種証明書を発行いたします。

本学では、個人情報保護の観点から、ご本人の意志によるお申し込みであることを確認させていただくため、身分証明書等の提示や提出等をお願いしております。ご面倒をおかけいたしますが、ご協力をお願いいたします。記載事項や書類に不備がある場合、本人確認が出来ない場合、また、代理人申し込みで委任状をお持ちでない場合は、確認が取れるまで証明書の発行はできませんのでご注意ください。書類到着から3ヶ月以上確認が取れない場合は全ての書類を返却します。

なお、ご提出いただいた個人情報につきましては、証明書発行時における本人確認のみに使用し、責任を持って管理いたします。

1.証明書の種類

  • ●学位証明書(卒業・修了証明書を兼ねます)[和文・英文]
  • ●満期退学証明書(博士課程後期課程のみ)[和文・英文] 
  • ●成績証明書[和文・英文]
  • ●在学期間証明書[和文・英文]
  • ●教員免許取得のための学力に関する証明書[和文]

(取得希望の学校種と免許種類、教科を明記してください。 
例:中学1種英語、高校専修国語)
その他の証明書については、お問い合わせください。

2. 申し込み方法

※電話、FAX、電子メールでの申請は原則として受け付けておりません。
証明書交付用紙(PDF pdficon_small.png/ Excelexcel_icon.png)をご利用ください。

〈大学窓口で申請する場合〉

〈郵送等で申請する場合〉

〈帰国した留学生からの申請の場合〉

基本的に、本人による申請しか認められません。帰国した留学生については、各種証明書の入手や申請方法について、日本における状況と異なることから、下記の要領による申請方法を特に認めます。なお、本国の代理人からの申請は、本人との関係を証明する文書等に、日本におけるものと同一の公信力が確認できないため、申請は受け付けられません。

●郵送による申し込みの場合

◎本人確認等の書類
・「パスポート」、「IDカード」、「出生証明書」の原本又はコピーを添付してください。依頼の際に、必要事項(前記の「証明書発行願」の記載事項)を記入した申請書及び国際返信郵票(International Reply Coupon)も同時に送付してください。

●指導教員を通じた申し込みの場合

◎本人確認等の方法
・依頼を受信した指導教員が申請書の余白に、本人からの依頼であることを記入し、署名・捺印する。
・申請後、30日以内に本人確認等の書類を送付してください。
・送付にかかる費用等は、指導教員の負担になる場合があります。

*添付された「本人確認等」の証明書類について*

申請時に添付された本人確認等の証明書のうち、公的機関による証明書等(住民票の写し、戸籍抄本など)は、原則として作成した証明書とともに返却します。運転免許証等のコピー等は、そのままお預かりする場合もあります。この場合、提出された証明書等の写しは適切に管理し、他の目的には使用しません。また、規定の文書保管期限経過後は、責任を持って処分します。

戻る

*在学時と氏名に変更がある場合*

申請書には在学時の氏名を記入し、現在の氏名も併記してください。その上で、その事実が確認できる書類(戸籍抄本等)も用意し、申請の際に提示又は提出してください。証明書は、在学時の氏名で発行します。必要に応じて、作成した証明書に戸籍抄本を添付する等してご使用下さい。

3. 参考

〈発行までの日数〉

和文・・・受け付けてから2日半後(証明書を郵送する場合は3日後)
     「教員免許取得のための学力に関する証明書」は受け付けてから5日後
英文・・・受け付けてから5日後

  • * 休業日(土・日・祝日、夏季休業、年末年始)は、上記の日数に含まれません。休みを挟むとそれだけ余分に日数がかかりますのでご注意ください。
  • * 郵送の場合は郵送の往復日数を加味して余裕を持ってお申し込みください。
  • * 証明書交付願を午後に受理した場合、もう1日余分に時間がかかります。
  • * 入学試験実施時等、業務の事情により発行が数日遅くなる場合があります。
  • * 証明書の種類・内容によっては、これより時間がかかる場合があります。
〈封筒と切手〉

2枚程度 長3(三つ折りにしたA4が入るサイズ。定形内)92円
3枚以上 角2・角3等(定形外)120円以上
速達にする場合、250gまでは基本料金プラス280円です。
※証明書用封筒が入らないため,長形3号(120mm×235mm)より小さい封筒は避けてください。

郵送料金がわからずご心配の場合は、封筒に貼らずに多めに切手を同封してください。余った場合は返送時にお返しいたします。ただし、例えば高額の切手1枚だけをお送りいただいた場合に、複数枚の少額切手に両替して余りの代金を少額切手で返却するということは行っておりません。「該当料金」プラス「次の重さ区分になった場合に備えた少額切手」をお送り下さるようお願いします。

〈手数料〉

不要です。送料のみご負担いただきます。

4.証明書発行願送付先(問い合わせ先)

〒464-8601名古屋市千種区不老町
  名古屋大学文系教務課証明書担当 (052) 789-2377
  封筒には証明書発行願在中と明記願います。

窓口業務時間 月曜~金曜 8時30分~17時
  ※土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日~1月3日)、
   夏季休業期間(8月中旬)はお休みです。

文系教務課は文系総合館1階にあります。
地図をクリックすると東山キャンパス全体の地図が表示されます。

bunkeisougoukan.jpg

5.在学生(学部・大学院)の皆さんへ

学部学生・大学院学生とも、在学証明書、卒業(修了)見込証明書(学部4年生、M2学生のみ)、学割証、健康診断証明書の発行は、本人が学生証を用いて証明書自動発行機により取得してください。
なお、上記以外の証明書が必要な方は学生証を持参の上、窓口まで申し出てください。

前へ
次へ