jac_main.gif

スタッフ

センター長 文学研究科教授 藤木秀朗

DSC03685 (168X192新).jpg

経歴

1990年 中央大学文学部哲学科卒業
1993年 名古屋大学大学院文学研究科博士前期課程修了
1997年 ウィスコンシン大学マディソン校大学院修士課程修了
1998年 名古屋大学情報文化学部講師
2003年 名古屋大学大学院文学研究科講師
2005年 名古屋大学大学院文学研究科助教授
2007年 名古屋大学大学院文学研究科准教授
2010年 名古屋大学大学院文学研究科教授(現在に至る)

2012年 名古屋大学大学院文学研究科附属日本近現代文化研究センター長

2006-2007年 ハーバード・イェンチン研究所客員研究員
2014年 ウォリック大学映画テレビ学科客員教授

学位:Ph.D.(映画研究、ウィスコンシン大学マディソン校)

主要業績

  • Making Personas: Transnational Film Stardom in Modern Japan. Harvard University Asia Center, 2013
  • 『増殖するペルソナ----映画スターダムの成立と日本近代』名古屋大学出版会、2007年
  • 『観客へのアプローチ』(編著) 森話社、2010年
  • The Japanese Cinema Book (co-ed. with Alastair Phillips), British Film Institute, forthcoming.
  • 『アニメ・マシーン----グローバルメディアとしての日本アニメーション』T.ラマール著(監訳)、名古屋大学出版会、2013年
  • 『フィルム・アート----映画芸術入門』D.ボードウェル、K.トンプソン著(監訳)、名古屋大学出版会、2007年

文学研究科教授 池内 敏

jac_stuff_ikeuchi.jpg

経歴

1982年、京都大学文学部(国史学専攻)卒業
1986年、京都大学大学院文学研究科修士課程(国史学)修了
1991年、京都大学大学院文学研究科博士後期課程(国史学)中途退学
1991年、鳥取大学教養部講師(歴史学)
1993年、日本学術振興会特定国派遣研究者(韓国・延世大学校国学研究院客員教授)
1994年、鳥取大学教養部助教授
1995年、鳥取大学教育学部助教授に配置換
1995年、文部省内地研究員(京都大学文学部研修員)
1999年、鳥取大学教育地域科学部助教授
2000年、名古屋大学大学院文学研究科教授
2003年、日韓文化交流基金フェローシップ(韓国・檀國大学校東洋学研究所特別研究員)

学位:博士(文学)(京都大学、1999年)

主要業績

  • 『近世日本と朝鮮漂流民』臨川書店、1998年
  • 『「唐人殺し」の世界』臨川書店、1999年
  • 『大君外交と「武威」』名古屋大学出版会、2006年
  • 『薩摩藩士朝鮮漂流日記』講談社選書メチエ、2009年
  • 『竹島問題とは何か』名古屋大学出版会、2012年

文学研究科教授  飯田祐子

iida.jpg

経歴

1989年 名古屋大学文学部卒業
1991年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程前期課程修了
1995年 名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程満期退学
1995年 神戸女学院大学 研究助手
1996年 神戸女学院大学 講師
1997年 博士(文学)学位取得
1999年 神戸女学院大学 助教授
2002年 スタンフォード大学 客員教授(2002年9月-2003年8月)
2007年 神戸女学院大学 教授
2014年 名古屋大学大学院文学研究科

主要業績

  • 『彼らの物語 日本近代文学とジェンダー』、単著、名古屋大学出版会、1998年6月
  • 『構築主義とは何か』、共著、勁草書房、2001年2月
  • 『岩波講座近代日本の文化史2 コスモロジーの「近世」』、共著、岩波書店、2001年12月
  • 『『青鞜』という場 文学・ジェンダー・〈新しい女〉』、編著、森話社、2002月4年
  • 『岩波講座文学 別巻 文学理論』、共著、岩波書店、2004年5月
  • 『少女少年のポリティクス』、共著、青弓社、2009年2月
  • 『コレクション・モダン都市文化48 恋愛』、編著、ゆまに書房、2009年9月
  • 『村上春樹と小説の現在』、共著、和泉書院、2011年3月
  • 『よくわかる ジェンダー・スタディーズ』、共著、ミネルヴァ書房、2013年3月
  • 『彼女たちの文学 語りにくさと読まれること』名古屋大学出版会、2016年4月

[協力教員]国際言語センター教授 浮葉正親

jac_stuff_ukiha.jpg

経歴

1983年 信州大学人文学部卒業
1986年 埼玉大学大学院文化科学研究科修了
1988年 釜山外国語大学校日本語科専任講師
1993年 大阪大学大学院文学研究科後期博士課程満期退学
1993年 名古屋大学留学生センター専任講師
1996年 名古屋大学留学生センター助教授
2007年 名古屋大学留学生センター准教授
2013年 名古屋大学留学生センター教授
2013年 名古屋大学国際教育交流本部国際言語センター教授

2016年 名古屋大学国際機構国際言語センター教授

学位:文学修士

主要業績

著書・論文

  • 『遠山川流域の民俗とふるさとイメージの創造』建設省中部地方建設局天竜川上流工事事務所(シリーズ「語り継ぐ天竜川」46)、1997年
  • 「韓国における巫俗の変容をめぐって ──ソウルの事例を中心に」『訪韓学術研究者論文集』第5号、日韓文化交流基金、東京、pp.33-54、2004年
  • 『日本文化の人類学/異文化の民俗学』法蔵館、共著、2008年
  • 『韓国の社会と文化』岩田書院、共著、2010年
  • 『シャーマニズムの諸相』(アジア遊学141)勉誠出版、共著、2011年
  • 『社会参加としての在日朝鮮人文学──磯貝治良とその文学サークルの活動を通して』(平成21年度〜23年度科学研究費補助金挑戦的萌芽研究研究成果報告書)名古屋大学、2012年
  • 『異人論とは何か ストレンジャーの時代を生きる』ミネルヴァ書房、共著、2015年

[協力教員]国際言語文化研究科教授 星野幸代

jac_stuff_hoshino.jpg

経歴

1991年 東京大学文学部卒業
1993年 北京大学高級進修生
1998年 東京大学大学院単位取得退学
1998年 名古屋大学言語文化部専任講師
1999年 名古屋大学言語文化部助教授
2003年 名古屋大学国際言語文化研究科助教授
2003年 ケンブリッジ大学客員研究員
2007年 名古屋大学国際言語文化研究科准教授
2007年 独立行政法人大学入試センター委員(~2009年)

2015年 名古屋大学大学院国際言語文化研究科教授(現在に至る)

学位:文学博士(東京大学、2001年1月)

主要業績

  • 『多角的視点から見た日中戦争 政治・経済・軍事・文化・民族の相克』共著、集広舎、2015
  • 『上海租界与蘭心大戯院――東西芸術融合交匯的劇場空間』共著、上海人民出版社、2015
  • 「世界華文(華人)文学研究:来自日本的視角」『華文文学』119期、2013
  • 「抗日運動における舞踊家・戴愛蓮――陳友仁、宋慶齢との関わりを中心に」『東方学』第124集、東方学会、2012
  • 『中国新鋭作家短編小説選 9人の隣人たちの声』共訳、勉誠出版、2012
  • 『侯孝賢の詩学と時間のプリズム』、共編著、あるむ出版 2012

[協力教員]環境学研究科准教授 上村泰裕

jac_stuff_uemura.jpg

経歴

1995年 東京大学文学部卒業
2001年 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程満期退学
2001年 東京大学社会科学研究所助手
2004年 法政大学社会学部専任講師
2006年 法政大学社会学部助教授
2008年 名古屋大学大学院環境学研究科(文学部)准教授(現在に至る)
2012年 ハーバード・イェンチン研究所客員研究員

学位:博士(社会学)(東京大学、2016年5月)

主要業績

  • KAMIMURA Yasuhiro, 2014, "Welfare State Development in East Asia: A Cross-Continental Comparison," The HYI Working Paper Series, pp.1-20.
  • 上村泰裕,2015,『福祉のアジア――国際比較から政策構想へ』名古屋大学出版会,pp.1-264.
前へ
次へ