jac_main.gif

第14回研究セミナー「映像研究とメディア考古学
講師:大久保遼愛知大学

第14回研究セミナー「映像研究とメディア考古学」.png

日時:2017年7月10日(月曜日)16:00-18:00

会場:名古屋大学 文学研究科1階 大会議室

講師紹介:

愛知大学文学部人文社会学科特任助教。東京大学大学院学際情報学府博士課程修了、博士(学際情報学)。早稲田大学演劇映像学連携研究拠点、東京芸術大学社会連携センターを経て、現職。専攻は、メディア論、社会学、映像文化史。主著に『映像のアルケオロジー:視覚理論・光学メディア・映像文化』(青弓社)、共著に長谷正人編『映像文化の社会学』(有斐閣)、飯田豊編『メディア技術史:デジタル社会の系譜と行方』(北樹出版)など、共編著に『幻燈スライドの博物誌:プロジェクション・メディアの考古学』(青弓社)がある。最近の関心として、19世紀転換期のメディアと学知の編成、視覚報道の歴史、など。

名古屋大学・台湾大学 第4回大学院生研究交流集会

第4回 名古屋・台湾院生研究交流集会【完成版】.png

日時:2017年6月17日(土)9:30-18:40

会場:名古屋大学文系総合館7F カンファレンスホール

入場無料・事前予約不要

【基調講演】

講師:徐興慶(台湾大学日本語文学系・教授/日本研究中心主任)

演題:近世日中文化交流の断章----『獨立性易全集』刊行までの史的考察

【研究報告】

馬静雯「「和刻三言」における語気助詞の訓読について----「麼」を中心に」

許妝莊「呂赫若の作品にみられる台湾語と中国語について」

陳冠霖「台湾人日本語学習者のアクセント感----台湾在住学習者と大阪在住学習者の比較」

蔣薰誼「清儒對《論語徵》接受與批判-以吳英《有竹石軒經句說》為中心-」

金陀美「春日明神託宣における明恵上人の夢」

加藤真生「日清戦争におけるコレラ流行と防疫問題」

澤茂仁「「大写し」をめぐる映画経験----『島の女』(1920)と「ドツと笑う」」

劉昱萱「『伽婢子』の女性描写について」

楊佳嘉「1920年代後半の日本女性知識人が見た中国―『女人芸術』を中心に」

大江光子「村上春樹『ねじまき鳥クロニクル』における他者との関わり」

【共催】

名古屋大学人文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター

名古屋大学人文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター

国立台湾大学文学院日本研究中心

第13回研究セミナー「日本映画ガラパゴス化の現在-シン・ゴジラに見る文化政治の変容」
講師:テヅカ ヨシハル(駒澤大学)

テヅカ.png

日時:2017年1月20日(金曜日)15:30-17:30

会場:名古屋大学 文学研究科1階 大会議室

講師紹介:

英国国立映画学校卒、ロンドン大学ゴールドスミス校よりPh.D.取得。日本の自主映画の創生期に撮影・照明技師として活動後1984年に渡英移住。ロンドン及びチェコで映像制作会社を経営したのち研究者に転じる。専攻は社会学メディア文化研究。主にグローバル化と日本の映画産業文化の変容について研究してきた。主要著書に『映像のコスモポリティクス:グローバル化と日本、そして映画産業』(せりか書房2011)、Japanese Cinema Goes Global: Filmworkers' Journeys (Hong Kong University press, 2012), 'Dynamics of the Cultures of Discontent: How is Globalization Transforming the Training of Filmmakers in Japan?', in The Education of Filmmakers in Europe, Australia, and Asia, (ed.) M. Hjort (Palgrave Macmillan 2013) 等がある。最近の関心は日本国憲法をめぐる司法、政治、メディア文化の変容。

「アジアの中の日本文化」研究センター協賛イベント

senta-.jpg

International Symposium 国際シンポジウム:Culturally Mediated Environmental Issues: Ecological Connectedness in East Asia 文化に媒介された環境問題─東アジア関係学のエコロジー的探究

a4_jac16-07_0607.png



 How have environmental issues been felt, imagined, and coped with? How can we understand global ecological connectedness in the age of the Anthropocene--the complex human mediation of nature--from the vantage point of East Asia?
Notably, environmental issues such as global warming, air pollution, waste, chemically modified food, land development, species extinction, and radiation are a pressing problem for any creature on the earth, encompassing both humans and nonhumans. These issues have been emerging in every corner of the world and have been spreading globally beyond national borders. Moreover, such environmental issues have imposed a paradox on us in that while they have been permeating and affecting our everyday lives, it is often difficult to be aware of them without global and scientific representation through media. Here, not only economics, politics, and natural science, but also culture is crucial because it involves how we recognize or fail to recognize the environmental issues in and through our cultural practices including our contact with mass media, social media, and creative arts, as well as our everyday activities and/or activism.
Defining culture in these broad terms, this symposium will discuss how environmental issues have been felt, imagined, recognized, and coped with in East Asia, and how we can understand global ecological connectedness on the basis of the case studies presented. In so doing, its ultimate aim is to explore new approaches to environmental issues and further the discussions that have grown increasingly necessary not only in the natural sciences, but also in the humanities and social sciences.



 環境問題はどう感じられ、想像され、対処されてきたのか。アントロポセン----自然に対する人間の複雑な媒介----と言われる時代の地球規模のエコロジー的連関を東アジアの視点からどう考えることができるか。
 地球温暖化、大気汚染、ゴミ、遺伝子組換え食品・化学添加物、放射能、土地開発、種の絶滅、災害...。周知のように、環境問題はヒューマンとノン ヒューマンの別を問わず地球上のあらゆる生き物にとって喫緊の課題になっている。それは、世界の隅々に現れ、国境を超えて世界中に広がり続けている。さら にそうした環境問題は、私たちの日常生活に浸透し影響を与え続けているにもかかわらず、メディアによるグローバルで科学的な表象を介することなしには認識 されにくいという、ある種の逆説を突きつけている。換言すれば、環境問題では、経済、政治、科学だけでなく文化が決定的に重要な役割を果たしている。私た ちは、マス・メディア、ソーシャル・メディア、芸術との接触はもとより、日常生活、社会運動を含むさまざまな文化的実践を通して環境問題を認識したり、認 識しなかったりしているのだ。
 本シンポジウムでは、「文化」をこのように広く定義しながら、東アジアにおいて環境問題がどのように感じられ、想像され、認識され、対処されてきている のか、さらには地球規模のエコロジー的連関を東アジアの諸事例をもとにどのように考えられるのかを議論する。こうした議論を通して環境問題への新しいアプ ローチを探究し、自然科学的な見地とともにますます重要となっている人文社会学的な議論のさらなる活性化に貢献することが、本シンポジウムの大きな狙いで ある。



スケジュール/Schedule
7月30日(土)/July 30 (Sat.)
・ 進行:池内 敏(名古屋大学文学研究科)
Moderator: IKEUCHI Satoshi (Nagoya University)

09:50-10:00 センター長挨拶/Remark by Director of JACRC

**********************************************************
● 新世代パネル: 共生と軋轢
New Generation Panel: Symbiosis and Conflicts
**********************************************************
企画/Organized by:RAs of JACRC
安井 海洋(名古屋大学文学研究科)、加島 正浩(名古屋大学文学研究科)
YASUI Mihiro (Nagoya University) and KASHIMA Masahiro (Nagoya University)

 How do we humans engage with the things that surround us? Ecocriticism has raised questions about the relationship between nature and society. While humans have treated nature as awe-inspiring, even god-like, at times, they have also used technologies to exploit its trees and land and to cultivate food and build homes. In a similar way, society can be regarded as a surrounding environment for each of us, providing a means of living, but it can also restrict us. Many breakthroughs in natural science and technology have made it possible for contemporary humans to obtain energies that can sustain megalopolises. However, the ongoing conflicts with ecology reveal the fact that we are not in full control of these energies. In this age of contradiction, it is necessary for us to confront these ecological issues and establish an appropriate relationship of coexistence. In this panel, young researchers will address the problem of how humans have negotiated with their given environment and discuss the meaning of the environment in the contemporary society from a variety of perspectives and academic fields, including literature, horticulture, film studies and environmental studies.



 我々人間は自らをとりまくものとどう関わってきたか。エコクリティシズムは自然と社会の関係を問いに付す。人間にとって自然は畏怖の対象であり、 神になぞらえてきたが、一方では技術によって木や大地の形をつくりかえ、食物と住まいを得てきた。また社会も我々をとりまき、生活の基盤を与えてくれる が、他方でそれは我々を縛りつけもする。現代の人間は自然科学と科学技術の飛躍的な発達により、巨大な都市とそれを支えるためのエネルギーを手にした。し かしエコロジーとの軋轢は、人間がエネルギーを制御しきれていないという事実を暴露した。そのような時代にあって、我々にはエコロジーという問いに向き合 い、適切な共存関係を築くことが求められている。このパネルの目的は「共生と軋轢」をテーマに、人間が所与の環境といかに交渉してきたかを、文学、園芸 学、映画学、環境学のそれぞれ異なる立場の若手研究者が、各人の視点から問題を提起し、現代における環境の意味を討議するものである。



10:00-12:00
クリストフ・ルプレヒト (総合地球環境学研究所)
「東アジアにおける人口減少:長期的に自然との関係を再考する機会」
Christoph RUPPRECHT (Research Institute for Humanity and Nature)
"Depopulation in East Asia:
An Opportunity to Rethink Long-Term Human-Nature Relationships"



高瀬 唯(日本学術振興会特別研究員、千葉大学)
「市民の緑地保全活動からみる日本の自然共生:
時代とともに変化する自然への価値観」
TAKASE Yui (JSPS, Chiba University)
"Citizens' Green Conservation Movement and Symbiosis with Nature:
Changing Values on Nature over Time"



加島 正浩(名古屋大学文学研究科)
「現代日本文学にみる東日本大震災と復興の想像力」
KASHIMA Masahiro (Nagoya University)
"Imagination on the Great East Japan Earthquake and Disaster
in Japanese Contemporary Literature"



中根 若恵 (名古屋大学文学研究科)
「自然を表象する:河瀬直美作品における女性の身体とエコロジー」
NAKANE Wakae (Nagoya University)
"Representing Nature: Female Bodies and Ecology in Kawase Naoimi's Films"



ディスカッサント:金井 景子(早稲田大学)
Discussant: KANAI Keiko (Waseda University)
司会:安井 海洋(名古屋大学文学研究科)
Chair: YASUI Mihiro (Nagoya University)



13:30-13:45  Opening remarks / 開会の辞

***********************************************************

● セッション 1:文学・映像のエコロジー的想像力
Session 1: Eco-Imagination in Literature and Cinema
***********************************************************

13:45-14:45
喜納 育江(琉球大学)
「島嶼共同体の持続・変容と女性の役割:崎山多美の文学的想像と場所の感覚」
KINA Ikue (University of the Ryukyus)
"Women Sustaining and Transforming Island Communities:
Tami Sakiyama's Literary Imagination and a Sense of Place"



14:45-15:45
朱 翹瑋(チューリッヒ大学)
「環境災害の文化的想像:アントロポセンにおける東アジア映画とアート」
CHU Kiu-wai (Zurich University)
"The Cultural Imagination of Eco-Disasters:
East Asian Cinema and Art in the Anthropocene"



16:00-17:00
藤木 秀朗(名古屋大学文学研究科)
「アントロポセンの脱/自然化:3.11原発災害後のドキュメンタリー」
FUJIKI Hideaki (Nagoya University)
"De-/Naturalizing the Anthropocene: Documentaries on the Post-3.11 Nuclear Disaster"



17:00-18:00 討議/ Discussion
ディスカッサント:結城 正美(金沢大学)
Discussant: YUKI Masami (Kanazawa University)
司会:飯田 祐子(名古屋大学文学研究科)
Chair: IIDA Yuko (Nagoya University)



7月31日(日)/July 31 (Sun.)
・進行:浮葉 正親(名古屋大学国際機構国際言語センター)
Moderator: UKIBA Masachika (Nagoya University)

**********************************************************
● セッション 2:環境社会の交渉
Session 2: Negotiating Eco-Society
**********************************************************

10:00-11:00
サイモン・アベネル(オーストラリア国立大学)
「日本における人間中心的環境主義と地球環境運動」
Simon AVENELL (Australian National University)
"Japan's Human-centered Environmentalism and the Global Environmental Movement"



11:00-12:00
ユン・スンジン(ソウル国立大学校)
「韓国における脱原発運動:福島原発災害の前と後」
YUN Sun-Jin (Seoul National University)
"Post-Nuclear Movements in South Korea:
Before and After the Fukushima Nuclear Disaster"



13:30-14:30
莊 雅仲(台湾・国立交通大学)
「空騒ぎ?:台湾における裏通りの暮らし、住まう倫理、都市環境主義」
CHUANG Ya-Chung (National Chiao Tung University, Taiwan)
"Much Ado About Nothing? :
Alley Life, Dwelling Ethics, and Urban Environmentalism in Taiwan "



14:30-15:30 討議/Discussion
ディスカッサント:青木 聡子(名古屋大学環境学研究科)
Discussant: AOKI Soko (Nagoya University)
司会:上村 泰裕(名古屋大学環境学研究科)
Chair: KAMIMURA Yasuhiro (Nagoya University)



15:45-17:55  全体討議/General Roundtable Discussion
司会:藤木 秀朗(名古屋大学文学研究科)
Chair: FUJIKI Hideaki (Nagoya University)



17:55-18:00 閉会の辞/Closing Remarks



●共催者代表/Representative of the Co-organizer
王 建剛(浙江大学)
WANG Jian-gang (Zhenjiang University)



●コラボレーター/Collaborators
日比 嘉高(名古屋大学文学研究科)
HIBI Yoshitaka (Nagoya University)

馬 然(名古屋大学文学研究科)
MA Ran (Nagoya University)

朱 宇正(名古屋大学文学研究科)
JOO Woojeong (Nagoya University)



●JACRCメンバー/JACRC Members (*協力メンバー/Associate Members)
藤木 秀朗(名古屋大学文学研究科)
FUJIKI Hideaki (Nagoya University)

飯田 祐子(名古屋大学文学研究科)
IIDA Yuko (Nagoya University)

池内 敏(名古屋大学文学研究科)
IKEUCHI Satoshi (Nagoya University)

星野 幸代(名古屋大学国際言語文化研究科)*
HOSHINO Yukiyo (Graduate School of Languages and Cultures, Nagoya University)

上村 泰裕(名古屋大学環境学研究科)*
KAMIMURA Yasuhiro (Graduate School of Environmental Studies, Nagoya University)

浮葉 正親(名古屋大学国際機構国際言語センター)*
UKIBA Masachika (International Language Center, Nagoya University)



●通訳者/Interpreters
野崎 由紀/NOZAKI Yuki、加藤 正一/KATO Shoichi、白土 節子/SHIRATO Setsuko

●サポーター/Supporters
鈴木 希依子/SUZUKI Kiyoko

名古屋大学大学院文学研究科日本文化学専門+日本史学専門・大学院生
Graduate students of the Divisions of Japanese Cultures and of Japanese History and the Global 30 program, Graduate School of Letters, Nagoya University

第12回研究セミナー「愛国的無関心の現在」
講師:内藤千珠子先生(大妻女子大学)

内藤先生セミナー.jpg

格差社会を背景とした現代の日本語の空間には、他者への無関心と、「誰でもいい誰か」に向けられた攻撃的な暴力とが並行している。こうした構造を、ナショナリズムとジェンダーをめぐる文脈において検証し、「愛国的無関心」というキーワードによって批評的に考察する。

日時:2016年6月24日(金曜日)15:00-1700

会場:名古屋大学 文学研究科1階 大会議室

講師略歴:
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。現在、大妻女子大学文学部日本文学科准教授。近現代の日本語文学を、ジェンダーやナショナリズムの観点から研究している。著書に『帝国と暗殺』(新曜社、2005年)、『小説の恋愛感触』(みすず書房、2010年)、『愛国的無関心』(新曜社、2015年)。

International Symposium 国際シンポジウム
Un/Representation: New Approaches to East Asian Humanities
表象されること/されないこと:東アジア人文学への新たなるアプローチ

A4_jac16symp.png

ポスターはこちらjacrc16symp_a4.pdf

Representation of history and culture, whether in academia, mass/popular media, visual and film art, etc., is always-already a selective process that includes both inclusion and exclusion. In other words, it is a Janus-faced process combining remembering and forgetting, imagining and ignoring, representation and un/representation. This twinned process of un/representation produces biased images of the past, present, and possible futures. Typically, scholars focus on the obverse of representation. By exploring both obverse and reverse using case studies of subjects including race/ethnicity, sex/gender, sexuality, age, and political representation from Japanese and East Asian contexts, this conference will suggest new approaches to the humanities generally and East Asian studies specifically. Speakers from diverse disciplinary backgrounds will address a broad range of issues, from the hidden materiality of technological modernism to Japan's relations with internal and external others and the power relations immanent within hegemonic discourses of mainstream "Japaneseness."
歴史と文化の表象は、学術研究、マス・メディア、ソーシャル・メディア、視覚芸術、映画など を問わず、常にすでに選択的なプロセスであり、内包と排除の両方を伴っている。換言すれば、 それは、想起することと忘却すること、イメージすることと無視することを結びつけるヤヌスの 顔をもつプロセスである。表象することと表象しないことのこの二重のプロセスは過去、現在、 そして未来の可能性について偏向したイメージを生み出す。通常、研究者は表象の表側に焦点を 合わせる。本シンポジウムでは、日本と東アジアの文脈における人種/民族、性/ジェンダー、 セクシュアリティ、年齢、政治的代理表象の表側と裏側の両方を探究することにより、人文学全 般と東アジア研究に対して新たなアプローチを提案する。多様な学術領域を専門とする報告者に よって、科学技術的近代主義の隠れた物質的側面から、日本と内的・外的他者との関係や、主流 をなす「日本らしさ」のヘゲモニックな言説に内在する権力関係に至るまで、幅広い問題が提起 されるだろう。

Place / 会場: Conference Hall, Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University 名古屋大学文系総合館 7 階 カンファランス・ホール http://en.nagoya-u.ac.jp/map/index.html (B4-4)
Organized by / 企画: Global 30 Japan-in-Asia Cultural Studies Program, Graduate School of Letters, Nagoya University 名古屋大学大学院文学研究科 G30「アジアの中の日本文化」プログラム
Sponsored by / 主催: Japan-in-Asia Cultural Research Center (JACRC), the Graduate School of Letters, Nagoya University 名古屋大学大学院文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究セ ンター
Language/言語: Japanese-English simultaneous interpretation / 同時通訳:日本語-英語

Schedule / スケジュール
page4image16880

◉◉ Jan. 30 (Sat.) / 1月30日(土)
09:50-10:00 Remarks by JACRC Director / センター長挨拶

◉New Generation Panel: The Modernity of the Sky / 新世代パネル-「空の近代」
What does the sky mean for human beings? For a long time in history before the modern age, it had been mainly an object of imagination as well as admiration along with natural disasters and benefits. However, as the modern age began and technological innovation advanced, the sky rapidly turned to a space newly imbued with not only political but also cultural meanings. The purpose of this panel is to deal with various representations regarding "the modernity of the sky". Young researchers with differing backgrounds of history, art, literature and cinema will present on the relationships between the sky and human being in each field, and discuss relevant issues in contemporary society.
人にとって空とは何であろうか。長い間、天災やその恵みと共に主に仰ぎ見られ、夢見る対象で あった空は、近代以降の技術革新の下、急速に政治性かつ新たな文化性を表す空間に変わりはじ めた。本パネルの目的は、そうした「空の近代」の多様な表れについて、歴史、美術、文学、映 画のそれぞれ立場の異なる若手研究者が各領域における空と人の関係について提議し、現代にま で通じる問題を議論し合うことである。

10:00-12:00
ŌYAMA Ryōsuke (PhD candidate, Nagoya University)
"The Representation of 'Aviation Japan' from the 1930s to 1945"
大山 僚介 (名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程)
「1930年代〜敗戦までの「航空日本」像」

SUZUMURA Mariko (Assistant curator, Mie Prefectural Art Museum)
"Hot Air Balloons in the Arts in and after the Siege of Paris (1870-1871)"
鈴村 麻里子 (三重県立美術館学芸員) 「パリ包囲(1870~71)以降の美術にみる「気球」」

FUJITA Yūji (PhD candidate, Nagoya University)
"A Study of The Milky Way: Bashō and Novels"
藤田 祐史 (名古屋大学大学院文学研究科博士課程後期課程) 「「天の川」句考----芭蕉と小説」

PAN Qin (MA program, Nagoya University)
"Flying to Laputa: The Cloudscape in Castle in the Sky"
潘 沁 (名古屋大学大学院文学研究科博士課程前期課程) 「ラピュタへ飛ぶ--『天空の城ラピュタ』におけるクラウドスケープ」

Discussant: BABA Nobuhiko (Professor, Konan Women's University) ディスカッサント:馬場 伸彦(甲南女子大学・教授)
12:00-13:30 Lunch / ランチ 2

page4image16880
◉Session 1 / セッション 1

13:30-13:45 Opening remarks / 開会の辞

13:45-14:45
Aleksandra KOBILJSKI (Associated Member, School for Advanced Studies in the Social Sciences (EHESS), France)
"Engineering Meiji: How Engineers and Technicians Worked Around Japan's Modern Myths to Build the New Japan"
アレクサンドラ・コブルスキ(フランス・社会科学高等研究院(EHESS)・研究員) 「明治を設計する―エンジニアと技術者たちは新国家建設のためにいかに日 本の近代という神話をめぐって働いたか」

14:45-15:45
SASANUMA Toshiaki (Associate Professor, Tunghai University, Taiwan)
"Taiwan in the Works of Chin Shunshin: Focusing on the Cold War Era" 笹沼 俊暁(台湾・東海大学・副教授)
「陳舜臣文学のなかの台湾―冷戦期の作品を中心に」 15:45-16:00 Break / 休憩

16:00-17:00
LIU Wenbing (Academic Researcher, Tokyo University)
"In between 'Representation' and 'Unrepresentation': Issue of Suppression in
Representing War in Chinese Anti-Japanese Film and Television Drama" 劉 文兵(東京大学学術研究員)
「「表現せよ」と「表現してはいけない」のはざまで―中国抗日映画・ドラマ の戦争表象における抑圧の問題」

17:00-18:00 Discussion / 討議
Discussant: HAM Chungbeom (Hanyang University, South Korea) ディスカッサント:咸 忠範(韓国・漢陽大学校)
Chair: Nathan HOPSON (Nagoya University)
司会:ネイスン・ホプソン(名古屋大学)

・Moderator: IKEUCHI Satoshi (Nagoya University) 進行:池内敏(名古屋大学)

page4image16880
◉◉Jan. 31 (Sun.) / 1月31日(日)
◉Session 2 / セッション 2
13:30-14:30
Ina HEIN (Professor, University of Vienna, Austria)
"Representations of Okinawa in Japanese Media: Dominant Images and Counter-narratives"
イナ・ハイン (オーストリア・ウィーン大学・教授) 「日本メディアにおける沖縄の表象―支配的イメージと反物語」

14:30-15:30
JEONG Minah (Adjunct Professor, Hanshin University, South Korea)
"(In)visible Women Represented in Comfort Woman Documentaries of Korea & Japan"
鄭 珉娥(韓国・韓神大学校・兼任教授) 「韓国と日本の慰安婦ドキュメンタリー表象における(不)可視化された女性」

15:30-15:45 Break / 休憩

15:45-16:45
MANO Yutaka (PhD Candidate, Kyushu University)
"Dismissal and Imagination of Queerness in School Space"
眞野 豊(九州大学大学院地球社会統合科学府博士課程後期課程)
「学校空間におけるクィアネスの黙殺と想像」

16:45-18:15 Discussion / 討議
Discussant: WU Peijun (South China Normal University) ディスカッサント:呉 佩軍(華南師範大学校)
Chair: Kristina IWATA-WEICKGENANNT (Nagoya University)
司会:岩田クリスティーナ(名古屋大学)

18:15-18:20 Closing Remarks / 閉会の辞

・Moderator: IIDA Yuko (Nagoya University) 進行:飯田祐子(名古屋大学)

第11回研究セミナー「文学が歴史を、歴史が文化を問いただす―原爆言説と日米関係」

日時:2015年11月27日(金)13:00~15:00

場所:名古屋大学文学研究科1階大会議室

講演題目:「文学が歴史を、歴史が文化を問いただす―原爆言説と日米関係」

講師:柴田優呼(ニュージーランド・オタゴ大学教員)

講師紹介

文学、映像研究、カルチュラル・スタディーズ。コーネル大学でPh.D.、香港大学でM.A.取得。主要著書・論文に、『"ヒロシマ ナガサキ"被爆神話を解体する―隠蔽されてきた日米共犯関係の原点』(作品社、2015年)、"Belated Arrival in Political Transition:1950's films on Hiroshima and Nagasaki"(Brill、2014)、"Postcolonial Hiroshima,Mon Amour Franco-Japanese Collaboration in the American Shadow"(World Scientific、2012)、"Dissociative Entanglement: US-Japan Bomb Discourses by John Hersey and Nagai Takashi"(Inter-Asia Cultural Studies、2012)など。日本語による近著について、日本記者クラブのシリーズ企画「戦後70年 語る・問う」で今年10月、ゲスト・スピーカーとして講演。

司会:藤木秀朗   入場無料・事前予約不要

第11回ポスター.png

ポスターはこちらseminar11.ai.pdf

第10回研究セミナー「『女人藝術』の人々と私」

日時:2015年11月2日(月) 15:00~17:00

場所:名古屋大学文学研究科1階 大会議室

講演題目:『女人藝術』の人々と私

講師:尾形明子

講師紹介

東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。近代日本文学、とくに自然主義文学と女性文学を専門とし、長谷川時雨主催『女人藝術』『輝ク』を発掘・研究した。東京女学館大学教授を経て、現在、文芸評論家。主な著作に、『女人芸術の世界 長谷川時雨とその周辺』(ドメス出版、1980年)、『女人芸術の人びと』(ドメス出版、1981年)、『「輝ク」の時代―長谷川時雨とその周辺』(ドメス出版、1993年)、『田山花袋というカオス』(沖積舎、1999年)、『自らを欺かず―泡鳴と清子の愛』(筑摩書房、2001年)、『華やかな孤独 作家 林芙美子』(藤原書店、2012年)、『宇野千代』(新典社、2014年)など。

司会:飯田祐子  入場無料・事前申込不要

第10回セミナー.png

A_seminarA4-10kai.compressed.pdf


中国人作家・郁達夫 入学100周年~旧制八高 青春の吟詠~ 講演会&記念展示会

講演:高文軍(桜花学園大学教授)

日時:2015年10月25日(日)14:00~16:00

会場:名古屋大学文系総合館7Fカンファレンスホール

言語:日本語

参加費:無料(申込不要)

主催名古屋大学大学院国際言語文化研究科

協賛:桜花学園大学、南山大学アジア・太平洋センター、八高会、「アジアの中の日本文化」研究センター

記念展示会

開催期間:2015年9月26日(土)~10月9日(金)

会場:名古屋大学中央図書館ビブリオサロン

主催:名古屋大学大学院文学研究科中国文学研究室、高文軍(桜花学園大学教授)

協賛:桜花学園大学、南山大学アジア・太平洋センター、八高会

郁達夫チラシ.png

郁達夫チラシ.pdf


台湾歌謡と昭和ポップスの蜜月時代―周藍萍・紀露霞をめぐって

昨今、China-Pop、K-PopとJ-Popの連動は目覚しいが、戦後の東アジア圏のポピュラー音楽を展望するなかで、日台歌謡曲の相互作用は独特の様相を呈してきた。日台の歌謡曲が互いにカバーした曲は数え切れず、80年代にはテレサ・テン、ジュディ・オングが日本で国民的人気を誇り、最近では一青窈が「望春風」(作詞:李臨秋 作曲:鄧雨賢、1933)をアルバムに収録している。紀露霞(1936-)はこうした日台サブカルチャー史の戦前-60年代を代表する台湾人歌手である。彼女が日本語からカバーしたヒット曲は、「雨之勃露斯」(淡谷のり子「雨のブルース」1938)、「黄昏嶺」(美空ひばり「夕やけ峠」1947)、「望Ni記著」(春日八郎「別れの一本杉」1955)、「廊下擦鞋童」(宮城まり子「ガード下の靴みがき」1955)等数多い。さらに、歌手・紀露霞は、映画、レコード文化、TV放映といった昭和の流行音楽メディア発展史とともに歩んできたという点でも興味深い位置にある。本イベントは、ドキュメンタリー上映、当時者と研究者との座談会、日・台・米・研究者によるシンポジウムを通じて、特に昭和時代における日本・台湾及び中国ポピュラー音楽の交錯を浮かび上がらせる。

台湾歌謡ポスター.png

台湾歌謡ポスター_0707.pdf


第9回研究セミナー「美輪明宏のクィア・スターダム

日時:7月13日(月)15:30-17:30

場所:名古屋大学文学研究科1階 大会議室

講演題目:美輪明宏のクィア・スターダム 

菅野優香(同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科教員)

プロフィール:クィア映画理論・批評、視覚文化研究を中心に研究を行う。

主要論文・共著書に「人種化される欲望----沖縄をめぐる映画的想像力の一考察」『人種神話を解体する』(東京大学出版会、近刊)、 「ゴシップ、あるいはラディカルな知」『ユリイカ』(2015)、「パンパン、レズビアン、女の共同体―女性映画としての『女ばかりの夜』(1961)『セクシュアリティの戦後史』(京都大学出版会、2014年)、「ニュー・クィア・シネマ、あるいは歴史をやり直すということ」『女たちの21世紀』76号(2013年), "Love and Friendship: The Queer Imagination of Japan's Early Girls' Culture,"Mediated Girlhoods: New Explorations of Girls' Media Culture (Peter Lang, 2011)、"Implicational Spectatorship," Mechademia (2011), "Eternal Virgin Reconsidered: Hara Setsuko in Context," ICONICS 10 (2010)などがある。今回の講演では、現在執筆中の美輪明宏論をもとに、そのクィアなスター性と新宿文化との共振について考える。

司会:藤木秀朗

入場無料・事前予約不要

第9回セミナー.png

A4_JACseminar-09_X1a.pdf



-1287』上映+イアン・トーマス・アッシュ監督とのディスカッション

▲『-1287』上映:6月30日(火): 18:50-20:00 名古屋大学文学研究科131号室

▲アッシュ監督とのディスカッション:7月7日(火):16:30-18:30 名古屋大学文学研究科131号室

イベント概要:

ドキュメンタリーによって「生と死」を捉えることには映像、メディア、社会にとってどのような問題や意義があるのか。「生と死」をテーマにしたイアン・トーマス・アッシュ監督の最新作『-1287』を題材に、アッシュ監督とディスカッションを行いながら考えます。本企画は、演習「映像文化論:ドキュメンタリーを通して映像を考える」の一環として行われますが、どなた様のご参加も歓迎します。(入場無料・事前予約不要)

イアン・トーマス・アッシュ(Ian Thomas Ash):

アメリカ・ニューヨーク州出身。イギリスのブリストル大学で映画制作のMAを取得。最初の長編ドキュメンタリー『The Ballad of Vicki and Jake』(2006)が、スイスドキュメンタリー映画祭でグランプリを受賞。滞日歴は10年以上に及び、福島第一原発事故後の福島を取材した『A2-B-C』(2013)が大きな話題となる。他の作品に『グレーゾーンの中(In the Grey Zone)』(2012)など。本作『-1287』は、Nippon Connection Film Festival(フランクフルト)で観客賞を受賞。

主催:名古屋大学大学院文学研究科「映像文化論」ゼミ

後援:名古屋大学大学院文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター

問い合せ:盧銀美、中根若恵(w_nakane0524@yahoo.co.jp

-1287poster.png

-1287上映会 ポスター.pdf


Forum: "Diplomatic East Asian Cinemas"

20150615poster.png

20150615poster.pdf

Time: 4:45 p.m. -7:00 p.m. on 15th June, 2015
Venue: Rm 131, Graduate School of Letters, Nagoya University
http://en.nagoya-u.ac.jp/map/higashiyama/school_of_letters_graduate_school_of_letters.html

Organized and sponsored by the Japan-in-Asia Cultural Research Center, Graduate School of Letters, Nagoya University

Contact: Hideaki Fujiki (hfuji@lit.nagoya-u.ac.jp)

Language: presentations (English)/ discussion (English and Japanese)

URL: http://www.lit.nagoya-u.ac.jp/overview/centers/jacrc-topics/

Recent years have seen the growth of scholarship examining cinema as a transnational medium. Drawing on this trend while further advancing the critical investigation of geopolitics in East Asian cinema, this forum presents three new research projects that each scrutinize cinema as a historical intersection of negotiations and mediations in national, regional, and global politico-economic interests. Developing these case studies, we will discuss how cinema has--literally, metonymically, and metaphorically--played a diplomatic role in the colonial, postcolonial, and neocolonial situations of East Asia.

Woojeong Joo
"Assimilating the Peripheral: Japan's Early Talkie Documentary in the 1930s"

This presentation discusses two documentaries - Umi no seimeisen/Lifeline of the Sea (1933) and Hokushin Nippon/Japan Advancing to the North (1934) - to examine Imperial Japan's view towards her frontier areas (Micronesia, Sakhalin and the Kuril Islands) in the pre-World War II period. Through historical background research, and textual and discourse analysis, I will investigate how the early documentary films, with their sound as well as visual form, served to characterise the nation's concerns to assimilate the exotic peripheral territories into the interior and readjust the idea of boundary for national interest at the time of growing international conflict.

Woojeong JOO is a JSPS postdoctoral research fellow at Nagoya University, Japan. He graduated from University of Warwick, UK, with his thesis on the films of Ozu Yasujiro. As a postdoctoral research associate at University of East Anglia, he also studied on Japanese media industry and transmedia franchising. His current research is on the history of discourse on the early sound cinema in Japan and Chosen in the 1920s and 30s.

Ma Ran
"Flight of the Magic Kite: Internationalist Collaboration and Sino-Foreign Coproduced Films in the 1950s"
This project engages the genealogy of sino-foreign coproductions by shedding light upon People's Republic of China's early adventures into cinematic collaborations with the Soviet as well as France in the 1950s. By paying particular attention to the first sinofrench coproduced feature titled "the Magic of the Kite" (Cerf-volant du bout du monde, 1958), this study reconsiders Chinese cinema's international linkages within and beyond the socialist bloc in the Cold War polarization. In doing so, it also seeks to re-examine the contemporary globalist discourse of sino-foreign coproductions and transnational cinema.

MA​ Ran is now teaching at the Global-30 "Japan-in-Asia Cultural Studies" program, Nagoya University. Her current research projects are, 1) the exhibition and circulation network of Asian independent cinemas; 2) Film culture of the People's Republic of China during the Maoist era (1949-197​6​).

Hiroshi Kitamura

"Frontiers of Nostalgia: The Japanese Western and the Making of the Postwar Era"

This presentation will explore the Japanese Western (wasei uesutan) in relation to Japan's long postwar (sengo) era. While influenced by the Hollywood Western, the popular Japanese genre, I argue, grew and expanded as a 'nostalgia text' that responded to the nation's industrial and economic growth particularly after World War II. The Japanese Western genre also exemplifies the paradoxical formation of a 'national' imaginary through transnational negotiation and interchange. The longing for a disappearing 'national' past, then, illustrates Japan's postwar emergence in the shadow of U.S. geopolitical influence in an era that many refer to as the 'American century.'


Hiroshi KITAMURA is Associate Professor of History at the College of William and Mary in Williamsburg, Virginia. He is the author of Screening Enlightenment: Hollywood and the Cultural Reconstruction of Defeated Japan (Cornell, 2010), which has appeared in Japanese as Haisen to Hariuddo: Senryoka Nihon no bunka saiken (Nagoya, 2014). He is currently at work on a book about Japanese cinema in the post-World War II era.

台湾大学・名古屋大学 第2回大学院生研究交流集会

「アジアの中の日本文化」研究センターと人類文化遺産テクスト学研究センターの主催企画として、台湾大学・名古屋大学第2回大学院生研究交流集会を開催いたします。皆様、奮ってご参加ください。

台湾大学・名古屋大学 第2回大学院生研究交流集会 プログラム

2015417日(金) 会場:名古屋大学情報文化学部4階 多目的講義室

■受付:08450900

■開会式:09000915

 挨拶:藤木秀朗

    (名古屋大学大学院文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター長)

 祝辞:佐久間淳一(名古屋大学大学院文学研究科長)

■論文発表① 09151030/ 討論 10301050

 司会:辻本雅史(台湾大学日本語文学系教授)

 コメント:阿部泰郎(名古屋大学文学研究科教授)

 発表者:鄧宜欣(台湾大学日本語文学研究所・修士課程)

     論題「元禄享保期の経世思想―荻生徂徠と太宰春台を中心に

 発表者:藍雯威(台湾大学日本語文学研究所・修士課程)

     論題「近世における岡山藩の教育-郷学校である閑谷学校を中心に-」

 発表者:山田裕輝(名古屋大学文学研究科博士課程後期課程)

     論題「幕末期の英国軍艦下関来航問題と萩藩

                    ―安政六年と文久元年の事例から―」

■論文発表② 10501205/ 討論 12051225

 司会:池内敏(名古屋大学文学研究科教授)

 コメント:阿部泰郎(名古屋大学文学研究科教授)

 発表者:王偉玲(台湾大学日本語文学研究所・修士課程)

     論題「中江兆民の近代的人間観の形成リベルテーモラルについて

 発表者:江俊億(台湾大学中国文学研究所・博士課程)

     論題「「意」を中心として吉村秋陽と大橋訥庵の〈格致賸議〉論争を見る」

 発表者:佘筠珺(台湾大学中国文学研究所・博士課程)

     論題「久保天随の各版の『秋碧吟廬詩稿』の性質と原稿の「論評」現象

                     ―『詩苑』に収録された詩・詞を参照」

■昼食 12251400

■論文発表③ 14001515/ 討論 15151535

 司会:飯田祐子(名古屋大学文学研究科教授)

 コメント:曹景惠(台湾大学日本語文学系教授)

 発表者:安井海洋(名古屋大学文学研究科博士課程後期課程)

      論題「 徳田秋聲『黴』の同時代評分析」

 発表者:張文聰(名古屋大学文学研究科)

      論題「帝国下の妻たち-張文環の『閹雞』と太宰治の『水仙』をめぐって-

 発表者:李明書(台湾大学哲学研究所博士課程)

      論題「日本における「批判仏教」後の発展の方向

           :哲学的・生命倫理学的アプローチを考察の手掛りとして」

■コーヒーブレイク 15351600

■論文発表④ 16001715/ 討論 17151735

 司会:藤木秀朗(名古屋大学文学研究科教授)

 コメント:林立萍(台湾大学日本語文学系教授)

 発表者:李品儀(台湾大学人類学研究所修士課程)

     論題「「日本に通し、台湾は魂を現代に任した」

        日治時代台湾における日本カフェ文化の伝承と改造のその文化史の研究」

 発表者:松山由布子(名古屋大学文学研究科博士課程後期課程)

     論題「愛知県奥三河地域の花太夫と病人祈祷―『御歳徳神祭文』を中心に―」

 発表者:秦勤(名古屋大学文学研究科博士課程後期課程)

     論題「同志としての中国、クィアとしての日本−−日中クィア映画祭における交渉」

■総合討論 17351800

■閉会式 18001810

 挨拶:阿部泰郎(名古屋大学文学研究科附属人類文化遺産テクスト学研究センター長)

 挨拶:辻本雅史(台湾大学日本語文学系 教授)

*台湾大学側総務担当:胡景雯(台湾大学日本研究センター助理)

*名古屋大学側総務担当:池内敏(名古屋大学文学研究科教授)


国際シンポジウム「表現の不自由--自主検閲とメディア的想像力」
International Symposium "Unfreedom of Expression --Self-Censorship and Imagination in the Media--"

20141213poster.jpg

ポスターはこちら(PDFファイル)

2015年1月24日(土)、25日(日)/ 2015. Jan. 24 (Sat.), 25(Sun.)

会場/Place:名古屋大学文系総合館7階 カンファランス・ホール

Conference Hall, Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University

主催/Sponsored by:名古屋大学文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター(JACRC)

The Japan-in-Asia Cultural Research Center, Nagoya University

[趣旨]

ある《事件》について語ることがどのようにしてタブーになってしまうのか、メディア(文学、映画、テレビ、アート)はそうした《事件》とどのように向き合ってきたのか。

戦前から今日に至るまで、表現の自由を拘束する法的規制がさまざまに試みられ、また実施されてもきた。戦前の日本では治安維持法、現代日本では特定秘密保護法などがあり、こうした国家権力や法の規制力・強制力が働く領域で検閲制度もまた機能する。このように上から権力の網をかぶせられることに対して異議を申し立てることは、表現の自由を求める者であればごく自然な行為ではある。しかし、いまここで問おうとするのは、必ずしもそうした二項対立的な位相における問題群ではない。むしろ、人々やメディアが自主的に表現を自己規制するという事態を、われわれ自らがどのように考えてゆくべきか、の方である。
20世紀において、そうした自己規制にかかわる問題群は、日本だけでなく韓国/朝鮮・中国/台湾といった各地域にも具体例を見いだすことができるだろう。それは単に見いだされるだけでなく、時と所を変えながら類似の事態が繰り返されてきたようにも見える。差異性と共通性、およびそれらの背景に潜むものを剔り出すような把握を試みたい。
シンポジウムの一日目は概ね1945年以前の時期を扱うこととする。それは、日本による東アジア地域に対する侵略戦争と植民地支配の時期である。二日目は、1945年から現代に至るまでの時期を扱う。それは日本にあっては平和と民主主義の到来、東アジア地域にあっては圧政からの解放の時期として始まった。にもかかわらず、やがて1945年以前に見られたのと類似する状況が、東アジア各地に現出し始める。

How does speaking about 'an incident' become taboo? How has the media (literature, film, television, art) met and faced such incidents?

Since before the war to today, various legal restrictions constraining the freedom of expression have been attempted as well as implemented. Measures such as the pre-war Peace Preservation Law and the contemporary Specified Secrets Protection Bill are direct examples, and under state powers and their legal regulations and enforcement, censorship laws also come into operation. To resist to such restrictions is a natural act among those who seek freedom of expression. What we aim to question through our discussions, however, is not the problematics of such a dichotomy between restraint and resistance. Rather, we aim to consider the phenomena in which people and the media themselves regulate their own self-expressions.
Since the 20th century, these issues related to self-imposed regulations have manifested themselves in instances across not only Japan but also South Korea, North Korea, China, and Taiwan. In fact, these manifestations have not been particular instances, but rather similar instances repeating themselves across time and space. Differences and commonalities, as well as the elements that lurk within their backgrounds?such are the elements that we attempt here to bring into relief.
The first day of the symposium deals mainly with the pre-1945 period, the period of Japan's war of aggression and colonial rule in East Asia. The second day deals with the period from 1945 until the present, a period that began, theoretically, with the arrival of peace and democracy in Japan and the release from Japanese oppression for broader East Asia. Nonetheless, conditions similar to those seen before 1945 have begun to surface in various parts of the region.

PDFはこちら

◉1月24日(土)13:30-18:00
[セッション 1]
  • ・牧義之 (日本学術振興会特別研究員PD・中京大学)
    「「内閲」という措置――戦前・戦中期における言論の自己統制」
  • ・加藤厚子(横浜市立大学・非常勤講師)
    「映画法体制下における作品統制」
  • ・韓萬洙(東国大学)
    「「書けたこと」と「書きたかったこと」――植民地朝鮮における検閲・印刷資本・テクスト」
◉1月25日(日)10:15-17:50
[セッション 2]
  • ・佐藤泉(青山学院大学)
    「それを語る言葉が欠けている ――教育、文学、内的検閲について」
  • ・レイチェル・ハッチンソン(デラウェア大学)
    「教育としての検閲――映画の暴力とイデオロギー」
  • ・永田浩三(武蔵大学)
    「今、日本で進行する「表現の不自由」――「慰安婦」・戦争・原発・植民地政策はなぜ差し障りがあるのか」


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」 【第8回】情報とモノ―『制御と社会』補遺

20141208poster.jpg

ポスターはこちら(PDFファイル)

北野圭介 Keisuke Kitano(立命館大学映像学部・教授)

日時:2014年12月8日(月)16時30分~18時30分

会場:名古屋大学文学研究科大会議室

講師紹介:北野圭介 Keisuke Kitano(立命館大学映像学部・教授)

映像研究・メディア研究から現代思想・社会思想に至るまで幅広く研究。著書に、『制御と社会―欲望と権力のテクノロジー』(人文書院、2014年)、『映像論序説―"デジタル/アナログ"を越えて』(人文書院、2009年)、『大人のための「ローマの休日」講義』(平凡社新書、2007年)、『日本映画はアメリカでどう観られてきたか』(平凡社新書、2005年)、『ハリウッド100年史講義―夢の工場から夢の王国へ』(平凡社新書、2001年)。雑誌『思想』(岩波書店)2011年第4号では、映像とメディアに関する特集を監修した。今回の講演では、近著『制御と社会』をさらに発展させる。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第7回】中日の知の津梁――戦前上海内山書店の精神的遺産をめぐって

秦 剛

日時:2014年7月25日(金)15時~18時

会場:名古屋大学文学研究科 大会議室

講師紹介:秦 剛 しん ごう

1968年生まれ。1990年北京外国語大学日本語学科卒業、北京外国語大学北京日本学研究センター修士課程、東京大学大学院人文社会系研究科日本語日本文学専攻博士課程を経て、現在北京外国語大学北京日本学研究センター副教授。 主な著作に、『宮崎駿を読み解く』(文化芸術出版社、2004年)、 「芥川龍之介 大陸で磨かれた小説家のジャーナリズム その中国観察と日本への再認識」(『渡航する作家たち』、翰林書房、2012年)、 「『戯曲蟹工船』と中国東北部の「留用日本人」――中日戦後史を結ぶ「蟹工船」」(『多喜二の文学、世界へ』、 小樽商科大学出版社 、2013年)、「戦前日本出版メディアの上海ルート――内山書店と改造社の海を越えたネットワーク」、『日本近代文学』、 89号、 2013年11月)。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第6回】漂流民の言説――異文化経験にかんする《語り》の転生―『環海異聞』『船長日記』『朝鮮物語』をめぐって

jac_lec_haruna.jpg

春名 徹 Akira Haruna

日時:2014年6月23日(月)15時~18時30分

会場:名古屋大学文学研究科 大会議室

講師紹介:春名 徹 Akira Haruna

1935年東京生まれ。1959年3月 東京大学文学部東洋史学科卒業。同年4月より中央公論社勤務、『婦人公論』『中央公論』『歴史と人物』の雑誌編集にたずさわる。勤務中に書いた『にっぽん音吉漂流記』(晶文社)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞、これを機会に21年と三か月勤めた中央公論社を退社。執筆活動に入る。文化学院、学習院大学、国学院大学、立教大学観光学部などの非常勤講師をつとめたのち、2000年4月より調布学園女子短期大学(のち調布学園短期大学)日本語日本文化学科教授。2002年依願退職。2000年4月より2010年3月まで日本福祉大学客員教授、知多半島総合研究所所員。日本海事史学会理事、南島史学会評議員、神奈川近代文学館(神奈川文学振興会)評議員。


国際シンポジウム「都市の中の外国人」

20131211poster.png

ポスターはこちら(PDFファイル)

2014年1月25日(土), 26(日)/ 2014. Jan. 25 (Sat.), 26(Sun.)

会場/Place:名古屋大学文系総合館7階 カンファランス・ホール

Conference Hall, Integrated Research Bldg. for Humanities & Social Sciences, Nagoya University

主催/Sponsored by:名古屋大学文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター(JACRC)

The Japan-in-Asia Cultural Research Center, Nagoya University

詳細はこちら


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第5回】ナショナル・リテラチュールの規範を逸脱する作者・読者

エドワード・マック Edward Mack (ワシントン大学准教授)

日時:2013年10月30日(水)16時~18時

会場:文学部棟 127教室

講師紹介:エドワード・マック Edward Mack (ワシントン大学准教授)

ハーバード大学にてPhDを取得。主著に Manufacturing Modern Japanese Literature: Publishing, Prizes, and the Ascription of Literary Value (Duke University Press, 2010) 、近年の論文としては、「日本文学の「果て」――サンパウロの遠藤書店――」(『立命館言語文化研究』20(1), 2008.9)、"Paracolonial Literature: Japanese-language Literature in Brazil," in Ilbon yŏn'gu 16 (2011) がある。主な研究関心は、近代日本語の散文、芸術と資本、外地を含む日本語コミュニティにおける文学作品の流通、ほか。2013年現在は、国際日本文化研究センター(京都)で、ブラジルにおいて日本語で書かれた文学を研究している。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第4回】1930年代の文学論争と「知識人」概念の誕生

jac_lec_muller.jpg

シモーヌ・ミュラー Simone Müller (チューリヒ大学講師)

日時:2013年8月8日(木) 15時

会場:名古屋大学文学研究科大会議室

講師紹介:シモーヌ・ミュラー Simone Müller (チューリヒ大学講師)

チューリヒ大学にてPhD学位、および同大学にてDas zerrissene Bewusstsein: Wiederholung und Differenz im japanischen Intellektuellendiskurs (chishikijin ron) der Zwischen- und Nachkriegszeit(『引き裂かれた意識──戦間期・戦後日本の知識人論における反復と差異』)により大学教授資格(Habilitation)取得。日本の古典文学から近代文学、近代思想史の幅広い分野を専攻し、近年は戦間期から戦後にかけての〈知識人論〉に焦点をあてて活発に研究している。著書にSehnsucht nach Illusion? Klassische japanische Traumlyrik aus literatur¬historischer und geschlechts¬spezifischer Perspektive [Bern: Peter Lang, 2005] (『幻想へのあこがれ?──文学史とジェンダー論から見た日本古典の夢の歌』)他がある。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第3回】「合作」と「コラボレーション」のポリティクス――
戦後のハリウッド、日本、香港映画をめぐって

jac_lec_kitamura.jpg

講師:北村洋(ウィリアム&メアリー大学歴史学部・准教授)

日時:2013年7月22日(月) 16時-18時

会場:名古屋大学文学研究科1階 大会議室

講師紹介:北村洋(Hiroshi Kitamura)

京都生まれ。米国カールトン大学卒業後、ウィスコンシン大学にて博士号(歴史学)を取得。専門は米外交・文化史で、特に東アジアとアメリカの文化関係の研究に従事。主な著作にScreening Enlightenment: Hollywood and the Cultural Reconstruction of Defeated Japan(コーネル大学出版会、アメリカ学会清水博賞などを受賞)、『観客へのアプローチ』(森話社、共著)、『ただいまアメリカ留学中』(草思社、共著)、『フィルム・アート 映画芸術入門』(名古屋大学出版会、共訳)など。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第2回】講演と朗読・トークの会「二つの言語の狭間に」

jac_tian.jpg

講師:田原

(聴き手 日比嘉高)

日時:7月1日(月) 15時-17時

会場:名古屋大学国際開発研究科8階 多目的オーディトリアム

講師紹介:田原(ティエン ユァン)

1965年、中国河南省生まれ。1991年に留学生として来日。2003年に谷川俊太郎論で博士号を取得。2001年第1回留学生文学賞を受賞、その後『そうして岸が誕生した』(2004年)、『石の記憶』(2009年)の二冊の詩集を出版し、2010年に中国人としてはじめて、"詩壇の芥川賞"とも呼ばれる第60回H氏賞を受賞。日本語と中国語の両方を駆使しながら詩作を行うかたわら、谷川俊太郎の中国語訳も行っており、2011年には『谷川俊太郎論』(岩波書店)も出版している。現在、城西国際大学客員教授。


セミナーシリーズ「東アジア関係学に向けて」【第1回】講演と朗読・トークの会 「詩が語る、伊藤比呂美が語る」

jac_ito.jpg

講師:伊藤比呂美

(聴き手 坪井秀人)

日時:5月14日(火) 17時-19時

会場:名古屋大学国際開発研究科8階 多目的オーディトリアム

講師紹介:伊藤比呂美(いとう ひろみ)

詩人。1955年東京生まれ。1978年の第一詩集『草木の空』以降、『青梅』『テリトリー論Ⅱ/Ⅰ』などで1980年代の女性詩の潮流を牽引。詩集として他に『河原荒草』(高見順賞)など。1990年代からは『家族アート』『ラニーニャ』ほか、詩と小説の境界を越境する新たなジャンルをつくり出し、2007年の『とげ抜き 新巣鴨地蔵縁起』は、口承文芸を現代詩を通して現代に甦らせた試みとして高く評価された(萩原朔太郎賞・紫式部文学賞受賞)。現在は米国カリフォルニアに在住、かつて住んでいた熊本との間を往復する。熊本では熊本文学隊を結成し、様々な文学イベントを行うなど隊長として活溌な活動を続けている。熊本学園大学招聘教授。

前へ
次へ