h2_title002_01.png

比較人文

culture01b.jpg

culture01.jpg

文化人類学・宗教学・日本思想史専門は、名古屋大学文学部の大学院重点化にともない平成12年度に設置された大学院専担の比較人文学講座を基盤とし、現役の大学・高校教員、NGO経験者など、多様な経歴の学生を積極的に受け入れている。その理念は、個別研究に分化特殊化しがちな人文系諸学問の学際性を高め、従来の専門の枠にあてはまらない独創的な先端研究を人文学の分野で推進し開発するところにある。しかし、自由で先端的な研究にも基礎が必要であり、そのためにフィールドワーク、実地調査、現場での研究による一次資料の収集・分析を方法として重要視している。教義や思想をそれだけとりだしてただ抽象的に研究するのではなく、労働し、戦い、踊り、歌い、祈り、そして思惟する、そういう現実的な人間の全体像の具体的な理解を踏まえた研究をめざしているのである。思想史研究においては文献研究が不可欠であるが、その場合も、寺院の書庫に埋もれた古文献を発掘し、埃にまみれながら調査解読する作業を重視している。本専門のスローガンは「常識への挑戦」であり、自由な発想で諸学問を横断するような研究をめざすとともに、旧来の知の枠組みの再検討を行っている。世界各地でのフィールドワークに基づく研究を奨励しているのもそのためであるが、その際の共通の出発点として、日本文化の研究も重視しており、修士課程に入学してきた学生は、まず日本の村落や都市で人類学的フィールドワークの基礎実践を積むことになる。こうした研究を複合化させていくべく、アジア・アフリカ各国からの留学生と研究者を受け入れ、日本研究と世界各地の研究を相対化し、クロスオーバーさせて研究を深化させていこうと考えている。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ