h2_title002_01.png

日本史学

history01.jpg

history01b.jpg

歴史研究において必要なものは、自らの研究課題の発見と、課題を史料に基づき実証する能力、そして、それらを研究史上に位置づけ論文として公表できる能力である。当研究室では特に史料を読み解く力を鍛えることを中心にカリキュラムが組まれている。古文書や古記録を読み、解釈する課程で史料批判の仕方を学び、一つの史料から事実を引き出し、研究史と照合して新しい歴史の事実を解明する楽しさを演習で体験することになる。院生はこうした積み重ねのなかで自己の研究課題を見つけ、自ら深く追求していくことになる。当研究室

では四名のスタッフで古代史(古尾谷知浩教授)、中世史(稲葉伸道教授)、近世史(池内敏教授)、近現代史(羽賀祥二教授)を担当しており、院生は専攻分野の演習に参加するが、必要とあれば複数の演習に参加することも可能である。学問研究の自由を確保し、求める者には門戸を常に開いておくのが、当研究室の大切にしているところである。教員はそれぞれ研究課題を持ち、得意分野を持っているが、院生は教員の専門分野と関係なく自由に自己の研究を発展させてよい。それに対応するだけの能力を研究室全体で有している。名古屋大学日本史学研究室は名古屋地域の日本史研究の中心であり、当研究室に事務局を置く学会として、名古屋古代史研究会・中世史研究会・近世史研究会・日本近現代史研究会・名古屋歴史科学研究会などがあり、それぞれ活発に活動している。院生は大学の中だけでなく、こうした地域の学会、さらに全国規模の学会に積極的に参加し、自己の研究成果を発表していくことが望まれている。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ