h2_title002_01.png

美学美術史学

history04b.jpg

history04.jpg

美学美術史学の専任スタッフは2名で構成され、それぞれ西洋中世・キリスト教美術史,日本中世・近世絵画史を専攻する。 美術作品を主要な研究対象とし、資史料に基盤を置く伝統的な研究手法を中心に捉え、最新の研究動向も広く視野に入れた教育と指導を行っている。当研究室は仏教やキリスト教といった宗教美術研究、および世俗画を中心とする日本絵画研究において長い伝統と豊かな蓄積がある。しかし一方でスタッフの専門性に限定されることなく、他領域の専門家も輩出しており、他大学や他研究科の出身者も数多く引きつけている。 指導方針としては、研究テーマ・対象の選択は学生の自主性にゆだね、学生による演習発表や個人面談を積み重ね、それぞれの志望や個性に合わせ、できる限りきめ細かな研究指導を行うことを旨としている。専任スタッフや非常勤講師により、学生の関心に合わせた授業の開講も行っている。研究者養成に向け、博士課程の前期後期を一貫して課程博士号の学位取得を前提に、学会での口頭発表や論文掲載による研究実績の蓄積をめざす。これまでのところ後期課程の学生の多くが日本学術振興会特別研究員に採用されている。また、美術館・博物館学芸員としての高度専門職業人の養成も研究室の主要な柱であり、継続して多くの学生がこの方面に巣立っている。また、社会人学生の受け入れも積極的に行っている。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ