h2_title002_01.png

考古学

history05.jpg

history05b.jpg

 考古学は、遺跡・遺物によって歴史や文化を研究する学問です。かつては文献史料がないか、ほとんど皆無にちかい時代が主領域とされてきましたが、現在では中世~近世の調査や研究もさかんになってきています。  本研究室は1963年に国史学第二講座として開設され、1966年に考古学講座と改称されました。主に日本考古学を専門とし、先史考古学では縄文時代(13,500~400cal BC)を、歴史考古学では古代~中世(7~16世紀)を対象にして実証的に研究をすすめています。  博士課程の大学院生への教育については、学問の後継者の育成を目標とし、自立かつ自律した研究者として活動できるように指導をおこなっています。大学院生には、考古学的事実を正確に把握する能力とそれを深く掘りさげていく能力を身につけることを要求しています。そのために理論や方法論をまなばせ、歴史観をみがくように指導をしています。また、想念をもった発掘調査を計画・実践できるように指導をしています。  博士前期課程の院生には、自然科学的方法もまなばせていますが、考古学的な研究方法を正確に身につけなければならない段階なので、修士論文については伝統的な研究方法で作成するよう指導をしています。博士後期課程の院生には、課程博士の学位を取得できるように指導をしています。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ