h2_title002_01.png

西洋古典

human02_01.JPG human02_01b.JPG

 西洋古典学とは、古代ギリシア語・ラテン語で書かれた著作を対象として人間についてさまざまな角度から研究する学問である。欧米ではたんに「古典学」(classical studies)と呼ばれ、人文学の中で重要な地位を占めているが、わが国では専門として学べる大学はきわめて少なく、その少数の拠点の一つが本研究室である。中部・東海地方では唯一である。  本研究室の特色は、神話を題材とする文学に重点を置き、宗教学・文化人類学・比較文明論・古代社会史などの幅広い関心を生かした研究と教育を推進していることである。具体的には、叙事詩、抒情詩、悲劇、喜劇などの韻文の作品が主流になるが、他方小説や伝記、歴史、弁論、思想といった分野の散文作品もしばしば取り上げているため、広範なジャンルの選択が可能である。第二の特色としては、ギリシアとローマを別々の世界ではなく、古典古代という一つの全体をなすものとしてとらえていることである。そのため本研究室では、古代地中海文化の広がりと奥行きをつねに意識した研究・教育環境を目指している。  ところで西洋古典の研究では、まずギリシア語とラテン語を正確に読める能力が必要となる。どちらかの言語が十分でない場合、それを補強して両古典語に習熟するよう指導している。また具体的にテクストを扱うための文献学的方法と知識、注釈や研究書の用い方なども少人数の授業の中でしっかりと学ぶことができる。さらに、独自な着想とすぐれた内容の論文を作成できるよう、研究発表と討論を行なうセミナーを開講しているほか、「西洋古典研究会」を主催して学内外の交流も促進している。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ