h2_title002_01.png

中国哲学

chutetsu2011.jpgのサムネイル画像

 中国の思惟、または中国人的な思惟を研究するのが、本研究室である。  中国大陸では、古来、さまざまな思惟が展開されてきた。人間論と、それに裏付けられた政治思想、特色ある宇宙論、道教や中国仏教などの宗教、自然科学、言語学...等々。そして、それらは、中国のほとんどあらゆる種類の書物、および文化の諸事象や事物の内に貫徹し、われわれの研究対象になるのだ。  また、それらに影響された朝鮮半島や日本の思想宗教、とりわけ「漢学」なども、研究対象に入る。だから、中国哲学研究の対象は、きわめて広く、深く、多様だ。その研究は安易な道のりではないが、あえてそれに挑戦する意欲の持主を、われわれは歓迎すhuman04b.jpgる。  中国哲学の研究方法は、近年、現地調査やコンピュータ利用等の方法も模索されているが、文献研究を避けて通ることはできない。われわれの研究室でも、演習形式の授業による文献の精読にもっとも重点をおいている。それは、精確な語学的な理解をふまえた上での哲学的な解明や思想史的な把握に達せんとするからだ。  古人の言に「一隅をあげて、三隅を返す」とあるが、そのような意欲的な態度でのぞめば、密度の高い議論を通じた勉学が可能である。そのような場が、本研究室である。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ