h2_title002_01.png

日本語学専門

日本語学は、日本語に関するあらゆる事実が研究対象となる。歴史的存在としての日本語は5世紀の資料に遡り、8世紀奈良時代語が体系的に復元可能である。平安時代以後も文学作品や古文書、訓点資料、古辞書、講義資料(抄物)、外国資料を中心に日本語の歴史研究が盛んに行われている。中世前期の院政鎌倉時代語、後期の室町時代語、近世前期上方語、後期江戸語、明治時代語などの研究が高い水準を維持している。 空間的存在としての日本語は、北海道方言、奥羽方言から琉球方言に至る地域言語の集積体である。日本語は方言の差異が著しく、共通語の支えがなければ相互の通話が不可能な場合がある。社会的位相の集積としての日本語は、皇族の話し言葉を最上層として、放送、演劇および知識人社会で用いられる人工的な標準的口語共通語が広範な社会的権威を保っている。一方で、省略を好む方言談話が日常的に使用されている。総体としての日本語は、多様な方言と位相および歴史的累積を抱えた複合体である。日本語学では、これらすべての現象が研究対象となる。 名古屋大学日本語学研究室所属の博士前期課程の大学院生は、修士論文作成に全力を傾ける。その過程で、研究者として自立できるかどうかが試されるとともに、高度職業人としての高い教養を身につけて社会に旅立つこともあり得る。前期課程を修了し、研究者として自立できる可能性を認められたものが博士後期課程に進学することが出来る。後期課程の院生は、博士論文の制作を目標にして、学界の第一線に立つことが望まれる。後期課程の院生は、大学院在籍中に学会で発表を行い、中央学会誌に論文を掲載することが強く期待される。研究者への道は、このような努力の先に確実に見えてくる。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ