h2_title002_01.png

英語学

langen01.JPG

langen02.JPG

 創設以来、当研究室における研究と教育の基盤は英語の共時的研究と通時的研究の実証面と理論面からの自然な融合にあり、個人は別としても、研究室全体としてこうした方針を維持している例は世界的にも極めて少ない。近年では、こうした特色が内外の関連学会において広く認知されている。  英語はゲルマン語派に属する言語であるが、1066年の The Norman Conquest 以降、約300年間もフランス語がブリテン島支配層の言語であったという歴史的事実1つを見ても分かるとおり、英語は数奇な歴史的変遷を辿ってきた。他方では、今日では世界の「共通語」として世界各国で使用され、多種多様な英語の方言が生じてきている。こういう言語であるからこそ、通時と共時の両方からのアプローチが必要とされる。 20世紀後半の米国の言語学者N.チョムスキーによって提唱された生成文法理論の輪郭が見えてきた段階で、言語研究の焦点が現実の言語運用を可能にする人間頭脳の内的構造に移行すると、英語の研究も母語話者の外的言語運用から内的言語能力を追究する認知科学の分野へ移行した。当研究室もこの点に注目し、一般言語理論の研究を進めると同時に、現代英語の電子コーパスだけではなく史的電子コーパスも導入し、英語に関する言語事実の観察を重視しながら、共時的研究と通時的研究の融合を目指している。  理論研究では米国人研究者との交流が多く、英語史と電子コーパスの研究ではヨーロッパ人研究者との交流が多いのも当研究室の特徴である。

前へ
次へ