h2_title002_01.png

東洋史学

toyoshi2010-01.jpg

toyoshi2010-02.jpg

研究室は、宇都宮清吉によって中国史を中心に設立され、波多野善大、谷川道雄、森正夫、江村治樹と引き継がれ日本における中国史研究の一大拠点をなしてきたが、現在は東南アジア史研究の拠点としての意味も増している。

 現スタッフの井上は中国明清時代の学術史を連続的に、すなわち陽明学から考証学への変遷を一貫した論理で内在的に把握しようと試みている。加藤は東南アジア、特に大陸部北部一帯の歴史を研究対象とし、中でも現在の中国雲南省南部国境地帯に存在していた、シプソンパンナーというタイ族の政治統合を中心に研究を進めている。林はおもに中国雲南省にかつて形成された南詔・大理国、および現在同地方に居住する白族(ペー族)の歴史を中心に研究を進めている。

 研究室では、宇都宮以来の学風が受け継がれている。その第一は自由を重んじる点である。このため院生自身の主体性の確立が求められている。第二は人間中心の歴史学を目指す点である。このような学風は、あくまで史料の精密な読解を基礎に成り立っており、授業においては史料の解読に多くの時間が割かれている。院生の指導に関しては、前期課程では修士論文の作成に最も重点が置かれ、個別指導のほか、院生主体の自主的研究会も大きな役割を果している。後期課程では博士論文の完成が求められ、その前提として研究成果を学会誌に公表することが一つの目標となる。研究室では院生が主体となって『名古屋大学東洋史研究報告』を1972年以来毎年発行しつづけている。また、他の学会誌への投稿も奨励している。海外留学も積極的に奨励しており、中国を始めとしてタイ、インド、さらにイギリス留学の実績がある。

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ