h2_title002_01.png

英米文学専門

卒業式 2009-1.JPG

名大英文学会 2011.JPG

 ・ 概要と理念

英米文学研究室では、開学以来、文学批評の歴史と理論を把握したうえで、文学作品を文献実証的に分析していくことを伝統としています。これまでも優れた人材・研究者を国内外に送り出してきました。  わたしたちは、文学の文学性と歴史性との接点に降り立ち、文学的テクストと非文学的テクストとの境界へ疑問を投げかけ、文学の非歴史化・脱政治化について懐疑をいだきながら、作家や作品、そして歴史のコンテクストにおける人間の認識のさまざまな相をみつめ、西欧の知の実体に迫ろうと果敢に挑戦し続けています。

・ カリキュラムと研究指導

英米文学研究室では、博士前期課程および博士後期課程において、段階的な指導体制と体系的なカリキュラムを通して、丁寧な研究指導が行われています。  文学研究の素養として、すべての大学院生に、まず資料としての作品テクストの緻密な読みを求めています。表層的なテクストの精読ではなく、その内奥に埋め込まれた歴史や文化、社会や人々の行動様式の地層(=知層)を掘り起こしていくのです。そこから知の水平線、すなわち「知平線」が広がっていき、新たな世界観や価値観を築き、斬新な視座が獲得できると考えているからです。  演習(ゼミ)や講義では、英米文学について幅広い知識を獲得しつつ、学会発表を視野におさめた議論やプレゼンテーションの技能を日本語と英語の両方で磨いていくことになります。また、同時に各自の関心に沿って、修士論文あるいは博士論文を定期的な指導を通して計画的に執筆していくことになります。

・ 学術交流と設備

毎年開催している名大英文学会やサマー・セミナー、クリスマス・セミナーなどを通して、講演者として来訪する最前線の研究者たちやOB/OGの研究者たちと密な交流をする機会が豊富なのも英米文学研究室の魅力です。  大学院生の自主的なゼミも定期的に開催されています。  中央図書館には水田文庫をはじめとして充実した英米文学や英米史関連の資料がそろっていますし、親切な図書館スタッフが調査を助けてくれます。地下の貴重書庫を探索すれば、まだ誰も研究したことのない未知の資料との刺激的な出会いが待っているはずです。  現スタッフは、イギリス文学を専門としていますが、大学院生の研究領域は多様性に富み、大西洋と太平洋を自由に横断しています。

 無限に広がっていく「知平線」の彼方へぜひ知の探究の旅に出かけませんか?

研究室WEBサイトへ

前へ
次へ